城下町には和菓子が似合う
みなと町には洋菓子が似合う

 洋菓子が好きな人が多い都市と和菓子が好きな人が多い都市は日本の中でどこだろうか。これを見るため、都道府県庁所在都市(その他政令市を含む)別の年間購入額を和菓子(X軸)と洋菓子(Y軸)についてプロットした散布図を描いてみた。

 まず、和菓子と洋菓子のレンジを見ると、両方ともに異例に小さい那覇市を除くと、だいたい、和菓子は1〜2万円の範囲にあり、洋菓子は1.5〜2.5万円の範囲にあり、ばらつきの幅には余り変わりがないが、全体として洋菓子の方がやや消費額が大きくなっている。

 都市として目立っているのは金沢市であり、両方とも圧倒的に1位になっており、お菓子そのものが日本一好きな都市であることが分かる。

 和菓子の購入額が多い7都市を和菓子都市と名づけ、洋菓子についても同様の都市を洋菓子都市と名づけるとすると、それぞれの構成都市は、図上の四角で囲んだエリアとなる。額の大きい順に列挙すると以下である。

和菓子都市:金沢市、岐阜市、山口市、熊本市、名古屋市、京都市、山形市
洋菓子都市:金沢市、山形市、長崎市、神戸市、宇都宮市、富山市、東京都区部

 東京都区部、大阪市といった大都市圏中心部や札幌市、仙台市、福岡市といった地方中枢都市は、デパートや高級菓子店が多く、洋菓子、和菓子の消費が多いようにも想像されたが、必ずしもそうではない。菓子文化は地方都市にこそ育っているともいえる。

 和菓子都市には、古都京都は少し例外的だが、すべて城下町から出発した都市である。武士にとって茶道がたしなみとなっていた関係で城下町には老舗の和菓子屋が多い。城下町にはそもそも和菓子が似合っているのである。

 洋菓子都市には、西日本随一の港湾都市神戸がふくまれ、また江戸時代唯一の海外への窓口であり、カステラの発祥地としても知られる長崎が入っている。いち早く洋風文化を取り入れたハイカラな港町に洋菓子は根づいている。港湾都市の東の横綱横浜市も少し前までもっと上位にあったが、東京のベッドタウン化で少し港町としての特色が薄れたのかも知れない。

 都市の分布パターンを見ると、全体的に、右上がりの傾向をもっていることが分かる。すなわち、洋菓子が好きな都市は和菓子も好き。つまり、どんな菓子でも好きな都市がある一方で、そもそも菓子は好きでない都市がある。和菓子と洋菓子とが代替的な財であれば、右下がりとなるはずであるが、そうはなっていない。

 しかし、和菓子、洋菓子の消費額上位都市では、それぞれ7市のうち重複は金沢市と山形市のみであり、洋菓子派か和菓子派かが分かれる傾向が認められる。こうした都市では、お菓子好きというより、地域文化として食品消費を捉えている側面が強いためであろう。

 和菓子、洋菓子、その他の菓子を含めた菓子類の消費の地域パターンとその変遷を見るため、以下の図に、最多消費額を100とする指数で各都市の消費レベルをあらわした。

 これを見ると菓子類消費では全国平準化が進行して来ていることが分かる。1960年代前半には最多都市(東京)の半分以下の都市もあったのに、現在では、最も少ない都市でも、せいぜい、7割程度なのである。

 また、かつては、菓子類消費の地域パターンは東高西低の傾向が認められたが、現在では、ややそうした傾向は残っているもののそれほど明確ではないのである。


(2017年1月1日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 地域(国内)
テーマ
7724 都市別トップ消費食品
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)