NHKの全国県民意識調査によると、他県民が親しみを感じている都道府県として目立っているのは、全国的な回答の多い順に、東京、大阪、京都、北海道、神奈川となっている。

 3大都市圏の中心都市は通勤や買物、親戚づきあいなどでつながりの深い周辺地域が親しみを感じている程度が高い。

 特に首都東京は、11の道府県民から、一番親しみを感じるところとしての回答を集めた。隣接する埼玉など以外に周辺の北関東、あるいは新潟、長野、そして遠隔地の北海道や沖縄も東京を最も親しみを感じる地域としてあげている。

 大阪も9つの府県が最も親しみの感じる地域としてあげている。愛知は周辺の3県と少なく、東京、大阪ほどの引力はないようだ。

 その他、地方ブロックの中枢都市を抱える地域も周辺から親しみを感じられている。仙台を抱える宮城は周辺3県が、また福岡も周辺4県が親しみを寄せている。京都も文化的な吸引力が強いためであろうか、3県が最も親しみのわく地域としている。

 こうした中心都市の吸引圏からやや独立した状況が、青森と秋田が東北の中心である宮城というより、むしろ北海道に対して最も親しみを感じている点、隣接する広島と山口が、また鹿児島と宮崎が相互に親しみを最も感じている点にうかがえる。

 また、富山が金沢を抱える石川に最も親しみを感じ、石川はむしろ京都に親しみを最も多く感じている点、鳥取が島根に最も親しみを感じ、島根は広島に最も親しみを感じている点は、やや片思い的な状況ともいえる。

 下表には、親しみを感じる先として全国的に回答を集めた都道府県の順位と全国平均回答率、および、どの都道府県がそれらの地域に親しみを感じる高い回答を寄せていたかを示した。

 京都に対する滋賀、あるいは福岡に対する佐賀、大阪に対する奈良の親しみの程度は37〜44%と非常に高く、一体性が進んでいる地域であることがうかがわれる。

 神奈川や兵庫は人口の多い東京や大阪が最も親しみを感じる県としてあげているので順位的に上位になっている。

 他の都道府県から最も親しみを感じる県として指定されなかった静岡、長野、埼玉、千葉が全国回答率の10位以内に顔を出しているのは、周辺地域から広く人気を集めているからだと思われる。

自県以外で最も親しみを感じる都道府県(上位10位)  単位:%
  親しみを感じる先の都道府県  親しみを感じる元の都道府県   
順位 地域名 全国平均値 1位 回答率 2位 回答率
1 東京 9.2 埼玉 25.9 千葉 23.3
2 大阪 5.9 奈良 37.6 和歌山 36.3
3 京都 5.1 滋賀 44.7 福井 18.6
4 北海道 4.9 青森 21.7 秋田 11.9
5 神奈川 3.4 東京 9.8 静岡 9.8
6 長野 2.9 山梨 12.7 新潟 10.1
7 福岡 2.8 佐賀 38.3 長崎 27.0
8 静岡 2.7 山梨 16.3 神奈川 9.8
9 兵庫 2.5 大阪 14.0 岡山 10.7
10 宮城 1.9 岩手 21.9 山形 19.6
10 埼玉 1.9 群馬 13.1 東京 7.8
10 千葉 1.9 茨城 9.8 東京 6.4
(注)各県16歳以上900人を対象とした1996年の個人面接調査による(回答率全国平均70%)。
(資料)NHK放送文化研究所「現代の県民気質−全国県民意識調査−」

(2009年2月23日収録、2月25日鳥取と島根の取り違え訂正)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



サイト内検索
関連図録リスト
分野 地域(国内)
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)