フィリピンの人口ピラミッドは、出生率が低い日本とは対照的に、出生率の高い途上国で一般的な富士山型の典型となっている。ただし、0〜4歳人口、5〜9歳人口、10〜14歳人口とほぼ変わらない数であり、出生率が急速に低下した影響が認められる(図録1560アジア諸国の出生率動向参照)。

 年齢別の男女比率をあらわす性比のグラフを見ると、おおむね、日本と変わらないが、15歳以上から20歳代の男性比率が低くなっている。

 フィリピンからの外国人労働者について、フィリピンのGDPの約1割を稼ぎ出しており(図録8100参照)、また、日本では、飲食業、マレーシアでは家事サービスが多く(図録8160参照)、フィリピンでは看護婦等の出稼ぎが多いことが知られているので、若い女性がフィリピン国内では少ないのではないかという仮説でこのグラフを描いたのであるが、事実は、逆に若い男性が少ないという結果であった。実は、フィリピン人の海外出稼ぎの第1位は米国であり、第2位はサウジアラビアである(図録8150参照)。サウジアラビアの出稼ぎの職場としては男性職場が多い(図録9310参照)。こうした点も考慮すると、やはり、全体では、海外出稼ぎ者は男性が多いのではないかと思われる。

(2007年1月23日収録、2015年4月6日更新)



[ 本図録と関連するコンテンツ ]



サイト内検索
関連図録リスト
分野 地域(海外)
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)