人口ピラミッドは中国においても過去の人口動向を反映した形となっている。

 図録8210には1949年以降の出生率・死亡率の動向を掲げたが、第1次のベビーブーム(中華人民共和国成立後、1950年代)は50歳代後半のピーク(余り明確でないが)、第2次ベビーブーム(大飢饉後、1963年ピーク)は40歳代前半のピーク、第3次ベビーブーム(中国の団塊ジュニア)は20歳代前半のピークにそれぞれ対応している。また、50歳代前半の人口が前後と比較してなだらかなカーブでないのは、1949〜51年の大飢饉の影響である。

 また、20歳より若い世代の人口は急速に少なくなっており、最近の急速な出生率低下を反映している。

 将来の人口構造の姿は、こうした人口ピラミッドが上方に迫り上がって来ることを予想すれば、当然見えてくる。

 3波のベビーブーム世代が20歳〜60歳にあり、65歳以上人口比率は8.2%となお低い。近年の中国経済の高度成長は、生産年齢人口が順調に増加し続け、その結果、社会と経済の活力が維持されてきたという側面が大きい(いわゆる人口ボーナス)。ただし、一人っ子政策の影響もあって、出生率は急激に低下しているため、将来は、超高齢化社会に伴う弊害も予想され、一人っ子政策の見直しは必至であろう。

 人口ピラミッドとともに描くことが出来る年齢別の性比(男性人口の対女性比率)を次ぎに見てみよう。一般に性比は出生時は106と男児の方が少し多いが年数を加え高齢化するにつれ男性の死亡率が相対的に高くなり性比は低下する。日本の年齢別性比が典型である。

 中国の場合、人民中国の成立前、封建制度の廃止、一人っ子政策の実施が性比に大きな影響を与えてきたことが分かる。

 60歳代以上の年齢は、人民共和国成立以前に出生した人口である。日本と比べ非常に男性が多い構造である。これは、漢民族を中心とする儒教文化圏における男児偏重、女児間引きの伝統の影響であると見ることができる。

 50歳代から30歳代にかけて、中国の性比は、傾向的に低下していることが見てとれる。革命中国の封建制打倒、男女平等の理想追求が影響していると考えられる。

 こうした傾向が反転し、再度、性比が上昇に転じたのは1979年の一人っ子政策の実施を契機としてである。1つは、禁止されている性別判定検査により出産・人工流産を選択、2つには、第1子が女子である場合「一人っ子証」の受領をひかえ、男児の出生まで2人以上出生のペナルティを甘受、3つには、出産を届け出ない「黒孩子」(闇っ子)などを通じて、男子が女子を上回る結果となっている。男女比のアンバランスから3000万人の男性が結婚難に直面しているともいわれていた。なお、韓国でも出生率の低下に伴い中国と同様の性比の上昇が見られるが中国よりは程度がマイルドである(図録8900参照)。

 なお、もうひとつの人口大国インドとの比較は、図録8250参照。

(2005年4月30日収録、2012年4月28日更新、2015年4月6日国連推計値をセンサス値に変更)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



サイト内検索
関連図録リスト
分野 地域(海外)
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)