中国とインドの超長期の人口推移を追ってみよう。なお、ここではインドは旧インド、すなわちパキスタン、バングラデシュを含む領域を指している。

 古代にはインドは中国の2倍ぐらい人口がいたという数字もある。ところが1600年には中国がインドを人口規模で上回った。

 その後停滞インドに対して中国は順調に人口を伸ばしたが、インドも近代化の流れの中で19世紀後半には人口が急増する。1950年の時点では中国は5.4億人とインドの4.5億人を1億人上回っていた。

 人口抑制政策を取った中国に対してインドはより高い人口増加率を示し、1997年に再逆転した。2015年の時点では中国は13.8億人に対してインドは16.6億人、現インドのみでは13.1億人となった。

 国連による将来人口推計については中国は2030年にはピークの14.2億人に達するが、インドはその年に19.6億人となり、さらに人口は伸び続け、2070年に23.0億人のピークをしるすと予測されている。そして2100年には中国は現在より少ない10.0億人にまで落ち込むのに対して、インドは21.9億人と2倍以上を維持すると見られている。

(2007年7月24日収録、2010年7月21日歴史人口データ変更、国連推計更新、2015年10月30日国連推計更新)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



サイト内検索
関連図録リスト
分野 地域(海外)
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)