中国の国内地域格差の状況を「県」別に示した図を掲げる。ここで県(County)とは、省の下の基礎的な行政区画であり県の下に郷、鎮がある。

 一目瞭然のことであるが、基本的に沿岸部で所得が高く、内陸部で所得が低くなっている。

 次に、1950年代からの地域別の所得格差の程度の推移を省(省級の市を含む)の上位5省と下位5省との格差倍率で追ってみると、地域格差は1952年の2.55倍から1998年の3.59倍へと徐々に高まってきていることが分かる。特に、1992年以降、中国経済が高い成長を遂げる中で、地域格差が大きくなってきていることが目立っている。

 なお、図録8400で中国の地域格差をフィリピンなどその他の途上国アジア、及び日本の地域格差の状況と比較しているので参照されたい。

 他国との比較における中国国民の不平等・格差に対する意識については、図録4680参照。

(2004年8月3日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 地域(海外)
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)