歴代の米国大統領(アメリカ合衆国大統領)については、どれだけ立派な大統領であったかというランキング調査が数多く行われてきている。ブッシュ大統領当時の調査結果を図録化した。出所はウィキペディア「歴代アメリカ合衆国大統領のランキング」である。

 初代ワシントン、第16代リンカーンおよび第32代フランクリン・ルーズベルトの3人の大統領は、誰が1位に成るかは別にして、様々なランキングでも常に上位に入っている。通常、これら3人の直ぐ下に来るのが、トーマス・ジェファーソンとセオドア・ルーズベルトである。

 記憶に新しい大統領の評価については刻々変化していくと考えられる。図録は2005年段階の調査なので第43代ブッシュ大統領の評価は多分もっと下がっているのではと憶測する。第40代レーガン大統領については6位とかなり高い評価であるのが目立っている。福祉を後退させた近年における保守派ムーブメントの旗手として国内でも批判の対象とする意見が強い点については図録1900参照。

 映画評論家であるとともに、住んでいた関係から米国についてのコラムニストとしても活躍している町山智浩氏が、大方の評価が最悪のブッシュ大統領の末期に、評判の悪い米国大統領の歴史的ランキングについて紹介しているので引用しよう(「アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない」文藝春秋、2008年)。評判の悪い方の歴代米国大統領のイメージを得るためには格好の要約となっている。

「『USニュース』誌が歴史学者の意見を集めて「史上サイテー大統領ワースト10」を発表した。人気がないだけに日本ではなじみのない大統領も多い。10位のザカリー・テイラーなんてアメリカ人でも名前くらいしか知らないそうだ。

 おなじみニクソンは9位。思ったより悪くないのは民主党が始めたベトナム戦争を収拾し、ソ連と軍縮したり中国と国交を結んだり業績のあるから。でも、ウォーターゲート事件で政府への信頼を失墜させた罪は大きい。

 同率9位は31代のフーヴァー。世界大恐慌の時「景気は周期的に上下する」という説を信じて事態を放置した。彼の次代のF.D.ルーズベルトはニューディール政策で公共事業によって職を生み出し、恐慌を解決した。

 8位のウィリアム・ハリスは就任式に張り切りすぎて、寒空の下2時間もの演説をして肺炎になり、大統領として何もしないまま1ヵ月後に死んだ。マヌケ。彼の後は副大統領のジョン・タイラーが継いだが、彼にはリーダーシップがなく、閣僚が全員辞任してしまったので、ワースト6に選ばれている。3位のアンドリュー・ジョンソンも暗殺されたリンカーンの副大統領から第17代大統領になったが議会を敵に回し、クリントンがモニカ・ルインスキー事件で追及されるまで史上唯一弾劾訴追された大統領だった。

 ワースト7の第18代グラントは南北戦争の英雄だが、大統領としては閣僚の汚職に次ぐ汚職で機能しなかった。ハーディングは政治よりも酒と博打と女が大好きだった。就任中も病死した時も浮気に苦しめられたカミさんに毒を盛られたと噂された。「私は大統領に選ばれるべきじゃなかった」という迷言を残している。

 ワースト5の13代フィルモア、4位の14代目ピアース、われにワースト1の15代ブキャナンはリンカーンの前3代の大統領。彼らは南部の奴隷制度に対して有効な手を打てないまま妥協し続け、南北戦争という最悪の結果を生んでしまった。

(中略)こうして歴史的に見ると、ブッシュというのはやはり凄い大統領だったとわかる。ハーディングのように大企業系の人脈を閣僚に据え、フーヴァーのように経済を放置して崩壊させ、ニクソンのように国民を盗聴し、史上最悪の大統領たちの資質を三つも兼ね備えているんだから!」

歴代米国大統領一覧
大統領の氏名 在任期間 所属政党
1 ジョージ・ワシントン 1789年4月30日- 1797年3月4日 無党派
2 ジョン・アダムズ 1797年3月4日- 1801年3月4日 連邦党
3 トーマス・ジェファーソン 1801年3月4日- 1809年3月4日 民主共和党
4 ジェームズ・マディスン 1809年3月4日- 1817年3月4日 民主共和党
5 ジェームズ・モンロー 1817年3月4日- 1825年3月4日 民主共和党
6 ジョン・クィンシー・アダムズ 1825年3月4日- 1829年3月4日 民主共和党
7 アンドリュー・ジャクソン 1829年3月4日- 1837年3月4日 民主党
8 マーチン・ヴァン・ビューレン 1837年3月4日- 1841年3月4日 民主党
9 ウィリアム・ヘンリー・ハリソン 1841年3月4日- 1841年4月4日 ホイッグ党
10 ジョン・タイラー 1841年4月4日- 1845年3月4日 ホイッグ党
11 ジェームズ・ノックス・ポーク 1845年3月4日- 1849年3月4日 民主党
12 ザカリー・テイラー 1849年3月4日- 1850年7月9日 ホイッグ党
13 ミラード・フィルモア 1850年7月9日- 1853年3月4日 ホイッグ党
14 フランクリン・ピアース 1853年3月4日- 1857年3月4日 民主党
15 ジェームズ・ブキャナン 1857年3月4日- 1861年3月4日 民主党
16 エイブラハム・リンカーン 1861年3月4日- 1865年4月15日 共和党
17 アンドリュー・ジョンソン 1865年4月15日- 1869年3月4日 民主党
18 ユリシーズ・シンプソン・グラント 1869年3月4日- 1877年3月4日 共和党
19 ラザフォード・バーチャード・ヘイズ 1877年3月4日- 1881年3月4日 共和党
20 ジェームズ・アブラム・ガーフィールド 1881年3月4日- 1881年9月19日 共和党
21 チェスター・アラン・アーサー 1881年9月19日- 1885年3月4日 共和党
22 スティーブン・グロバー・クリーブランド 1885年3月4日- 1889年3月4日 民主党
23 ベンジャミン・ハリソン 1889年3月4日- 1893年3月4日 共和党
24 スティーブン・グロバー・クリーブランド 1893年3月4日- 1897年3月4日 民主党
25 ウィリアム・マッキンリー 1897年3月4日- 1901年9月14日 共和党
26 セオドア・ルーズヴェルト 1901年9月14日- 1909年3月4日 共和党
27 ウィリアム・ハワード・タフト 1909年3月4日- 1913年3月4日 共和党
28 ウッドロウ・ウィルソン 1913年3月4日- 1921年3月4日 民主党
29 ウォレン・ガマリエル・ハーディング 1921年3月4日- 1923年8月2日 共和党
30 ジョン・カルヴァン・クーリッジ 1923年8月2日- 1929年3月4日 共和党
31 ハーバート・クラーク・フーヴァー 1929年3月4日- 1933年3月4日 共和党
32 フランクリン・デラノ・ルーズヴェルト 1933年3月4日- 1945年4月12日 民主党
33 ハリー・トルーマン 1945年4月12日- 1953年1月20日 民主党
34 ドワイト・デビット・アイゼンハワー 1953年1月20日- 1961年1月20日 共和党
35 ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ 1961年1月20日- 1963年11月22日 民主党
36 リンドン・ベインズ・ジョンソン 1963年11月22日- 1969年1月20日 民主党
37 リチャード・ミルハウス・ニクソン 1969年1月20日- 1974年8月9日 共和党
38 ジェラルド・ルドルフ・フォード 1974年8月09日- 1977年1月20日 共和党
39 ジェームズ・アール・カーター 1977年1月20日- 1981年1月20日 民主党
40 ロナルド・ウィルソン・レーガン 1981年1月20日- 1989年1月20日 共和党
41 ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュ 1989年1月20日- 1993年1月20日 共和党
42 ウィリアム・ジェファーソン・クリントン 1993年1月20日- 2001年1月20日 民主党
43 ジョージ・ウォーカー・ブッシュ 2001年1月20日- 在任中 共和党
(資料)ウィキペディア「歴代アメリカ合衆国大統領の一覧」2008.7.9

 米国以外の国から見るとこうした大統領の評価もさることながら長い大統領選の期間の政治空白が気になる。この点に関して米国政治論の古典となっているトクヴィル(トックビル)の論評(1835年)を聞こう。

 世襲の君主政では政権の引き継ぎに関して「国家の利害が放置されることは一時たりとも絶対に生じない。...ところが、選挙制の国家では選挙が近づくと、そのずっと前から、統治機構はいわばそれ自体で機能するほかなくなる。...選挙が近づくと、執行権の長は待ち構える選挙戦のことしか考えない。もはや彼に未来はない。何事も企てず、次の人は何を成し遂げるであろうかと無気力に探るだけである。」最近のブッシュ大統領を見ていると実にこうした叙述に真実性を感じられる。

 「政府の長が選挙で選ばれるときには、そのために国家の内政、外交の不安定という欠陥がほとんどつねに生じる。これこそこの制度の主要な弊害の一つである。」「執行権が国務の運営に大きな位置を占めるほど、また、日常活動が重大にして必要であればあるほど、このような事態はより一層危険である。...合衆国では、執行権の活動が鈍っても不都合はない。その活動はもともと弱く、限られているからである。」「アメリカでは、大統領は国家の事務に十分大きな影響を及ぼすが、しかしこれを指図してはいない。圧倒的な力は国民の代表全体にある。...だからこそ、アメリカでは、執行権の長を選挙制にしても政治の安定をそれほど著しく害することがないのである。」「国のおかれた立場が難しく危うくなればなるほど、外交方針の継続性と一定性が必要になり、国家元首を選挙で選ぶことはより危険なものとなる。アメリカ人の世界全体に対する政策は単純極まりない。他の何人もアメリカ人を必要とせず、アメリカ人もまた何人をも必要としないと言ってもほとんどおかしくない。かれらの独立はおよそ脅威にさらされることがない。」(トクヴィル「アメリカのデモクラシー」第1巻第1部第8章、岩波文庫)

 トクヴィルの著作が発刊された1835年の米国はそうだったかもしれない。内政は今でもそうかもしれない。世界にとって米国の外交は19世紀の重要度とは比べようがない。その後ペリーが日本に開国を要求し、ドルが世界通貨となり、第2次世界大戦で大きな役割を積極的に果たし、冷戦を通過した米国は19世紀半ばの米国とは全く異なる。にもかかわらず米国は従来の伝統に基づいて予備選挙、本選挙と複数年に渡り長々と大統領選を続けているがその間世界のリーダーシップはペンディングになっている。ブッシュ大統領に何を言っても空しい訳だから、原油高、穀物高騰への対策に米国の外交力を期待できないのだ。米国人は世界のために自国の制度を改善しようなどとは考えないようだ。

(2008年7月14日収録、2016年12月14日町山氏引用)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 地域(海外)
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)