ロシアの人口ピラミッドは、日本より、それぞれ、10歳若いが、日本と同様、2つの人口が多い世代(2010年段階で50代前半とその子ども達である20代)を抱えた2重独楽型である。

 しかし、最も目立っているのは、60代後半の人口の際立った少なさであり、第2次世界大戦中の出生減が大きく反映した特徴を持っている。またその親の世代である80代後半より上の年齢層(特に男性)の少なさにも気付かされる。ロシアは第2次世界大戦で1,450万人の戦死者、700万人以上の民間人犠牲者を出したといわれる(図録5227参照)が、人口ピラミッドも日本とは比べものにならないぐらい大きな第2次世界大戦による影響を受けていると言わざるをえない。

 40代前半のくびれは戦中派の60代後半人口が少ないことの2次的影響の結果である。

 また、1970年代以降のロシアにおける男性死亡率の高さ、平均寿命の低下(図録8985参照)が、男女の比率にあらわれている。年齢別の性比(参考図)を見ると、50代以上の年齢で日本と比べ男性が際立って女性と比べ少なくなっているのである。

 さらに、2前後であった合計特殊出生率(参考図)が1991年のソ連邦崩壊後、急落し、1999年には1.17という史上最低値となっているため、出生数も減少し、10〜14歳人口は656万人と前後の世代と比較して少なくなっているのも、もう1つの特徴である。その後、出生率も回復したため10歳以下の人口も回復している。

 日本だけでなく他国の人口ピラミッドと比較しても、ロシアの人口ピラミッドは、男女の非対称、あるいは年齢別のギザギザ度が目立っており、ロシアの数奇な歴史上の経緯をそこに感じ取ることができる。

ロシアの各歳別人口ピラミッド

 UNDP(国連開発計画)はロシアについての国別人間開発報告書を1995年からほとんど毎年公表しているがロシアにおける近代化の課題を特集した2011年版には各歳別人口ピラミッドが掲載されていたので以下に転載する。

 これを見ると図録の5歳階級別の人口ピラミッド以上に過去の歴史の影響が明確である。5歳階級別の人口ピラミッド70歳代前半の出っ張りは、第2次世界大戦の影響で人口が少ない60歳代後半との対比ばかりでなく、1932〜33年の飢饉によって70歳代後半の人口が少ないことと1936年の堕胎禁止令の影響で1937〜39年に出生数が増えたため70歳代前半の人口が増えたという更に2つの要因によっていることが分かる。


(2006年10月11日収録、2010年11月12日TFR更新、2012年4月28日更新、2013年2月6日囲み記事追加、2015年4月6日国連推計地からセンサス値へ更新、8月7日出生率更新)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 地域(海外)
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)