英国BBC放送が定期的に行っている世界世論調査では主要国に対する各国国民の評価(世界にプラスの影響を与えているか、それともマイナスの影響を与えているか)を調べている。同調査はBBCの委託を受け、民間調査機関グローブ・スキャン及び米メリーランド大学が実施したものであり、2013年調査では世界25カ国、約2.6万人(各国約1,000人)の成人を対象にアンケート調査を実施している。留意すべきは、評価する対象は国であるが、評価者は各国国民である点である(例えば日本国への評価であり日本人への評価ではない)。すなわち国家間の外交的立場を直接表現しているものではない。

 ここではイスラエルに対する諸国民の評価をグラフにした(時系列変化は図録8015)。

 イスラエルに対する世界からの平均的評価は、プラス評価20%に対してマイナス評価52%とマイナス評価が大きく上回り、北朝鮮、パキスタン、イランと並ぶ悪評4カ国の1つとなっている(図録8014参照)。

 世界の諸国民の中でプラス評価がマイナス評価を上回っているのは米国とガーナ、ケニアの3カ国だけである。ユダヤ人人口がイスラエルと同じぐらいであり(図録9038)、ユダヤ人が大きな政治的影響力をもっている米国ではプラス評価がマイナス評価を19ポイント上回っており、北朝鮮が中国に後ろ盾がないと危ういのと同様イスラエルは米国の後ろ盾がないと危ういという状況がうかがわれる。

 他方、イスラム諸国の国民のイスラエルへの評価は大変厳しくなっている。特にトルコ、エジプトの評価は8〜10割がマイナス評価と極めて厳しいが、この他、インドネシア、パキスタンといったイスラム諸国でもマイナスがプラスを大きく上回っている。

 ヨーロッパの中では、国内のユダヤ人が多くイスラエルに移住したロシアでは、プラスとマイナスが拮抗するなど評価が相半ばしているのが目立っている。パリはヨーロッパにおけるユダヤ人のセンター的な役割を果たしており、マイナス評価が大きい反面、プラス評価もロシアに次いで多い。

 なお日本人のイスラエルへのマイナス評価は世界の平均程度である一方、プラス評価は3%と世界最低水準である。

 ここでユダヤ人論を中途半端に掲載するのは気が引けるが、ひとつだけ言及しよう。最近翻訳されたユダヤ人歴史家の「ユダヤ人の起源 歴史はどのように創作されたのか」という書籍では、ローマ人の軍事占領によるディアスポラによって世界に散らばったユダヤ教徒は他民族のユダヤ教改宗者によって勢力を維持し、他方、ユダヤの地に残ったユダヤ人の多くがイスラム教に改宗し、現在のパレスチナ人となった歴史を書いているという(毎日新聞書評)。すなわち現在のイスラエルを建国した非ユダヤ人出身のユダヤ教徒集団が元ユダヤ人のパレスチナ人を迫害しているのが実態だという。ユダヤ教の正統性保持のため居残りユダヤ人を軽視してきたことからこうした構図が見えにくくなっているというのだ。

(2010年6月14日収録、2013年6月14日更新)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 地域(海外)
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)