世界各地で起きた最近の主なテロ
2
0
1
5
1月7〜9日 パリの週刊誌シャルリエブド本社で銃撃。パリ周辺で立てこもり事件も続き、計17人死亡
11月13日 パリ中心部の劇場や飲食店など6カ所で銃乱射や爆発が起き、130人が死亡。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明
12月2日 米西部カリフォルニア州サンバーナディーノの福祉施設で武装した男女が発砲。14人死亡
2
0
1
6
3月22日 ベルギー・ブリュッセルの地下鉄駅と国際空港で同時テロ。32人死亡、日本人2人を含む約340人負傷。ISが犯行声明
6月12日 米南部フロリダ州オーランドのナイトクラブで銃乱射、49人死亡。ISが犯行声明
6月28日 トルコ最大都市イスタンブールの空港で自爆テロ、44人死亡。当局はISの犯行との見方
7月1日 バングラデシュの首都ダッカで武装集団が飲食店襲撃。日本人7人を含む人質20人と地元警官2人が死亡。ISが犯行声明
7月3日 イラクの首都バグダッドのイスラム教シーア派地区で爆弾テロ、292人死亡。ISが犯行声明
7月14日 フランス南部ニースでトラックが革命記念日の花火を見に来ている群集に突っ込み、84人が死亡
7月22日 ドイツ南部ミュンヘンのショッピングセンターでドイツとイランの二重国籍の男(18)が銃乱射。14〜20歳の8人を含む9人が死亡
(資料)東京新聞2016.7.16ほか

 2015年1月以降、上のように欧州ほかでテロ事件が続き、同月イスラム国による日本人2人の人質事件(殺害予告・身代金要求・死刑囚釈放要求・人質殺害画像公開)、2016年7月にはバングラデシュのダッカで日本人7人ほかの人質殺害事件がおこり、中東地域におけるテロ事件、及び中東と関連して先進国その他で引き起こされるテロ事件に関心が集まっている。

 イスラム過激派などによるテロ攻撃(テロリズム)によって世界的に犠牲者が増加している。テロ攻撃件数の推移については、メリーランド大学のGlobal Terrorism Database(GTD)のデータがよく参照されるが(ネット上のグラフはここから。下にも参考のため掲載)、ここでは、米国国務省のHPに掲載されている数字をグラフにした。米国国務省による州計は、2003年までは「国際テロリズム傾向レポート」によるデータが公表されていたが2005年以降は「テロリズム国別レポート」に衣替えされた(2003年までのデータは図録9360参照)が、ここでは後者の数字を掲載した。

 グラフによれば、世界のテロリズムは件数、死者数ともに2008年以降、漸減傾向となっていたが、2013年、2014年には、再度、激増している。これが、イスラム過激派によるテロの増加が要因となっていることは、主要テロ組織別のテロによる死者数の図において、タリバン(アフガニスタン)、イスラム国(イラク・シリア)、ボコ・ハラム(ナイジェリア)という主要3組織(いずれもイスラム過激派)のテロによる犠牲者数が目立っていることからもうかがえる。

 なお、米国国務省のデータによれば2015年は前年に比べ攻撃件数、死者数ともにやや減少している。死者数を見ると、国別にはイラク、ナイジェリア、パキスタンで減少しているためである。一方、アフガニスタン、シリアや北アフリカのエジプト、リビアでは増加しており、国による状況の違いが反映していると考えられる。テロ組織別には、タリバンが増加し、イスラム国系が減少している。

 国際的なテロリズム組織の概要や分布については、公安調査庁のHP「国際テロリズム要覧 (Web版)」にも掲載されている。


【コラム】テロリズムの現場で取材するフリージャーナリスト

(イスラム過激派の「イスラム国」による2015年1月の日本人人質テロ事件で殺害された2人のうちのひとり後藤健二さんはフリーのジャーナリストだった。この事件で、テロが頻発する危険地域での報道取材のあり方についても関心が高まった。以下は、2015年2月3日の東京新聞の 【こちら特報部】「フリー頼みの紛争報道 問われる大手メディア」という記事からの引用である。)

 誰かが危険地帯に足を踏み入れて取材しなければ、戦禍に苦しむ民衆の悲劇は伝わらない。だが、そこで命を落とすジャーナリストは少なくない。過激派組織「イスラム国」を名乗る集団による日本人人質事件では、紛争報道のあり方があらためて問われている。大手メディアは、報道の義務と記者の安全確保とのバランスをどう取ればいいのか。後藤健二さんのようなフリーランス頼みの現状に問題はないのか。(中略)

 元NHKプロデューサーで武蔵大学教授の永田浩三氏は報道番組「クローズアップ現代」を担当していた当時、後藤さんと親交があった。フリーランスの問題は「命の保証もないのに取材し、その素材を放送に使用するかどうかはテレビ局側が一方的に決める。圧倒的に立場が弱い点にある」とみる。「イラク戦争でバグダッドが陥落した際、米軍に随行するNHKの取材映像は歓喜する市民ばかりが映っていたが、後藤さんの映像は市民側の複雑な表情も捉えていた。ところが、NHKの取材映像を使うよう命じられた」

 永田氏は「後藤さんはシリア入りする前、誰かを気遣うように「全ては自分の責任」とする映像を残していた。あのメッセージを読み解き、なぜ後藤さんを守れなかったのか、日本のジャーナリズムの宿題として議論していく必要がある」と訴える。



(作家で元外務省主任分析官の佐藤優は、後藤健二氏と同じキリスト教徒として抱いた次のような感想を自分が定期的に寄稿している東京新聞「本音のコラム」欄の「キリスト教徒の死生観」という記事(2015年2月6日)で明らかにしている。引用の中で湯川氏を誰も助け出そうとしなかったとしているのは湯川氏が傭兵(民間軍事会社)として戦地に赴いていたのでイスラム国に捕らえられたのも自業自得と考えられていたことを指していると考えられる。)

 過激派組織「イスラム国」によって殺害されたジャーナリストの後藤健二氏は、日本基督教団に所属するプロテスタントのキリスト教徒だ。筆者もこの教団に所属するので後藤氏の心情がわかる。

 イエス・キリストは、九十九匹の羊を残してでも、迷った一匹の羊を捜すべきだといった。「イスラム国」に湯川遥菜さんが捕らえられたとき、誰も本気で彼を助け出そうとしなかった。「誰もやらないことならば、君がやらなくてはならない」という神の声が後藤氏に聞こえたのだと思う。

 メルマガ「クリスチャントゥデイ」(昨年五月三十日)のインタビューを読むと後藤氏の信仰がよくわかる。「もし、取材先で命を落とすようなことがあったとき、誰にも看取られないで死ぬのは寂しいかなとも思いました。天国で父なる主イエス様が迎えてくださるのであれば、寂しくないかな・・・なんて、少々後ろ向きな考えで受洗を決意したのは事実です」

 旧約聖書詩篇54篇の「神は私を助けてくださる」という言葉について、後藤氏は、「この言葉を、いつも心に刻み込んで、私は仕事をしています。多くの悲惨な現場、命の危険をも脅かす現場もありますが、必ず、どんな方法かはわかりませんが、神様は私を助けてくださるのだと思います」と述べる。筆者も後藤氏の死生観から謙虚に学びたい。

 図で取り上げた国は、イラク、アフガニスタン、ナイジェリア、シリア、パキスタン、エジプト、リビア、インド、フィリピン、バングラデシュ、取り上げたテロ組織は、タリバン、イラクとレバントのイスラム国、ボコ・ハラム、マオ派(インド共産党マオ派)、クルド労働者党である。

(2015年年2月4日収録、2月5日GTDデータ・グラフ掲載、2月7日佐藤優見解引用、2015年6月20日更新、2016年7月3日更新、7月16日最近のテロ年表、7月24日テロ年表追加)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 地域(海外)
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)