2007年のミス・ユニバースの優勝者(女王)がメキシコ市で開催された世界大会で、5月28日、日本人の森理世さんに決まった。1959年の児島明子さんに次いで日本人では2人目である(写真は末尾)。

 1952年にはじまったこの美人コンテストの優勝者の出身国を調べてみると、米国が8人で最も多く、ベネズエラ、プエルトリコ、スウェーデンが6人、5人、3人で続いている。日本を含め2人の優勝者を有する10カ国は第5位である。

 地域別では、中南米が21人と最も多く、北米12人、ヨーロッパ11人、アジア10人(中東2人を含む)が続く。年代別に調べてみても最近いずれかの地域が多くなったというような傾向はないようだ。

 ヨーロッパではスウェーデン、フィンランドといった北欧が強いようだ。フランス人が1人、ロシア人が0人というのは少し意外である。

 アジアでは2007年の日本人の優勝で、日本、タイ、フィリピン、インドの4カ国が2人輩出で並ぶこととなった。

 なお、このランキングについては、上位国に美人が多いと言うより、上位国の美人が一番美しいと見なす感じ方をこの コンテストの主催者が有していると言った方がよかろう。

地域別年代別ミス・ユニバース優勝者出身国数
50s 60s 70s 80s 90s 00s 10s total
北米 2 2 0 2 3 1 2 12
中南米 2 3 3 4 3 6 0 21
ヨーロッパ 3 3 2 2 1 0 0 11
オセアニア 0 0 1 1 0 1 0 3
アジア 1 2 3 1 1 2 0 10
アフリカ 0 0 1 0 2 0 1 4
8 10 10 10 10 10 3 61
(注)1952〜2012年。中東はアジアに含めた。
(資料)ウィキペディア(Wikipedia)「ミス・ユニバース」2013.5.29

 個人的な想い出であるが、中学生の時、お調子者の私はクラスで美人投票を行った。当時は現在のように女性上位の時代環境ではなかったので表立った女子生徒からの反発は無かったが、不美人ばかりでなく美人の女子生徒からも私を見る目は好意的とは言えないものであり、これはまずいと悟った。その後、ミス・ユニバースやミス・ワールド、ミス・インターナショナルなど、いい大人が大がかりに美人コンテストに取り組んでいるのを知り、中学生だって気づく後ろめたさを感ぜずによく出来るなと思ったことがあった。

原データ
国名 人数 優勝年
米国 8 1954、1956、1960、1967、1980、1995、1997、2012年
ベネズエラ 6 1979、1981、1986、1996、2008、2009年
プエルトリコ 5 1970、1985、1993、2001、2006年
スウェーデン 3 1955、1966、1984年
フィンランド 2 1952、1975年
日本 2 1959年:児島明子、2007年:森理世
ブラジル 2 1963、1968年
タイ 2 1965、1988年
フィリピン 2 1969、1973年
オーストラリア 2 1972、2004年
トリニダード・トバゴ 2 1977、1998年
カナダ 2 1982、2005年
インド 2 1994、2000年
メキシコ 2 1991、2010年
フランス 1 1953年
ペルー 1 1957年
コロンビア 1 1958年
ドイツ 1 1961年
アルゼンチン 1 1962年
ギリシャ 1 1964年
レバノン 1 1971年
スペイン 1 1974年
イスラエル 1 1976年
南アフリカ共和国 1 1978年
ニュージーランド 1 1983年
チリ 1 1987年
オランダ 1 1989年
ノルウェー 1 1990年
ナミビア 1 1992年
ボツワナ 1 1999年
パナマ 1 2002年
ドミニカ共和国 1 2003年
アンゴラ 1 2011年
(注)1952〜2012年
(資料)ウィキペディア(Wikipedia)「ミス・ユニバース」2013.5.29

参考:日本人ミス・ユニバース


*体格データは鈴木眞理「女性のやせ願望」(女性医学誌White、2016.4)

(2007年6月11日収録、2013年5月29日更新、2016年5月11日日本人ミス・ユニバース紹介)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 地域(海外)
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)