戦国期農民の危機管理


○戦国時代と言うと、大名同士の熾烈な戦いだけに目がいきがちです。しかし、こうした戦争の絶え間ない時代にも、農民たちは
  生活をしていたのです。それについて、私たちは具体的なことをどれほど知っているのでしょうか?

1 境界線上の農民たちは?

・例えば、領地が接する2人の戦国大名がいたとします。その境目付近にある村などは、当然ながら戦場になる危険性が他の村
 に比べて非常に高かったと考えられます。
・しかし戦争のたびにその村の農民が殺されたり、作物が荒らされたりしたら、村は潰れてしまいますよね。


(問1)実際のところ、こうした村の農民たちは、どのように行動したと思いますか?

    
 @村で話しあい、どちらかの大名に味方することを決めて行動する。
      A両方の大名に年貢を半分ずつ差し出し、双方に安全を保証してもらう。
      Bどこか境界ではない土地を求めて村ごと移住してしまう。 

                                        
(問1の答へ)

・ここで、次の史料を見てみましょう。
(史料1)結城晴朝制札
       中久喜城に対し、上生井・下生井の地が
半手と決まったからには、当方からのこれらの地域での軍事行動を禁止する。
       もし違反した者は、処罰する。
         (晴朝黒印)甲さる(天正12年・1584年ヵ)8月21日
                                         (意訳)

(参考)結城晴朝は、下総の戦国領主。当時、常陸の大名佐竹氏の支援をうけ、北条氏の影響下にあった下野の領主小山氏と対立、軍事的緊張状態にあった。

2 史料に出てくる「半手」とは?

史料1の中に「半手」とあります。半はもちろん半分の意味、では「手」とは?

(問2)「手」のつく漢字2字の熟語を3つあげてみましょう。

                         
            
 (問2の答へ)

3)上であげた熟語に含まれる「手」は、だいたい同じような意味で使われています。それは?

 
                                        
(問3の答へ)

 大名・農民にとっての「半手」とは?

(問4)では、「半手」の状態になるのは、領主からの働きかけでなるのでしょうか、それとも農民側から要求したのでしょ
    うか?

      @領主からの働きかけ
      A農民が要求した
      Bどちらの場合もあった


                                        
 (問4の答へ)

5)「半手」になった村は、戦争をしている大名にとっては、敵でしょうか、味方でしょうか?

                                         (問5の答へ)

6)「半手」となることは、大名にとってはプラスでしょうか、マイナスでしょうか?

                                         (問6の答へ)

◎答と解説
(問1)すみません、ここでは答は保留します。ただ、@だと、味方すると決めた大名が、もし負けてしまったらどうなるでしょうか?
    またBも、それほど都合の良い土地があるとは限らない感じがしますね。

                                          
 (次へ)

(問2)例えば、
「手先」「相手」「手下」などです。

                                           
(次へ)

(問3)
人間どうしの関係、誰がどこに属しているか、誰が誰を支配しているか、などを示している点が共通しています。つまり、
    これらを総合すると、
「半手」とは、双方の大名に半分ずつ年貢米を差し出して、両方に属し、村の安全を確保すること
    
を意味していました。すなわち、保留していた(問1)の答は、Aということになります。

                                           
(次へ)

(問4)次の史料を読んでみましょう。
 『北条五代記』 26「戦船を海賊といひならわす事」
   見しはむかし、北条氏直と里美義頼弓矢の時節、相模・安房両国の間に入海有て、舟の渡海近し。故に敵も味方も兵船
   おほく有りて、たたかひやん事なし。夜るになれば、或時は小船一艘二艘にて、ぬすみに来て、浜辺の里をさはがし、或
   時は五十艘三十艘渡海し、浦里を放火し、女わらはべを生捕、即刻夜中に帰海す。
嶋崎などの在所の者は、わたくしに
   くわぼくし、敵方に貢米を運送して、半手と号し、夜を心安く居住す。
故に生捕の男女をば、是等の者敵方に内通して買
   返す。
   ↓
   これでわかるとおり、この場合は、在所つまり
農民側から敵方(里見氏)と交渉し、貢米を支払って平和を維持していた
   ことがわかります。
   もちろん、大名側から働きかける場合もありました。つまり
Bが答ということになります。

                                          
 (次へ)

(問5)この答も次の史料から読み取ってください。
 古河公方足利義氏掟書(「喜連川文書」)より
   一 
敵方へ半手の諸郷の者共、佐野門前の南木戸より内へ入るべからざる事
   ↓
   つまりこの場合、本来味方の領内だった郷なのに、敵方にも半分年貢を差し出した郷の者どもの、一定区域内への進入
   を禁止しているわけで、
軍事上は敵とみなされていたことがわかります。
   一方、新たに半分年貢を獲得した大名にとっても、完全に自分の方に属したのではないわけですから、理屈は同じだと
   考えられます。

                                           
(次へ)

(問6)これは、
立場によって異なってきます。本来領内にあった村が、新たに敵方に半分年貢を差し出すようになったら、経済
    的にはマイナスですね。反対に、敵の領内にあった村が新たに年貢を半分差し出してきたら、これはプラスです。
    ここで、次の史料を見てください。
     諸半手書立(『越前史料』所収「山本文書」)より
       右のように申しつけた。これまで野中一人に申しつけていたため、半手の徴収が滞っていた。そうならないように、
       右の衆(略)に分担させた。これらの諸郷が納入することを見届けよ。さらに、
こちらからの働きかけによっては、新
       たに半手となる郷も、解消する郷もあろう。

       ↓
       これより、半手の状態は変動しやすいことがわかります。さらに、(問4)との関連で、この場合は領主から村へ半手
       になることを働きかけていた可能性があることがわかります。

 以上見てきたように、戦国時代の農民は日常的な危機的状況の中で、ただ泣き寝入りをしていたのではなく、なるべく自分
 たちの村の安全を確保すべく、積極的に行動していたようです。いわゆる危機管理が、ちゃんとなされていた、ということにな
 りますかね。 
 
 *なお、近年の研究によれば、「半手」は必ずしも両方に属するのではなく、
どちらにも属さない場合もありえたこと、また「半」
   とはいっても実際には半分ではなく、
場合によっては双方にそれぞれ今までと同じ量の年貢を差し出す(つまり総量として
   は2倍の負担!)という厳しい条件をあえて呑んでも、安全を維持していたこと、
などが明らかになってきています。

 ※この問題と答、解説は、峰岸純夫『中世災害・戦乱の社会史』(吉川弘文館、2001年)、滝川恒昭「『半手』と『半済』」(『千葉
   県史研究』11、2003年)などをもとに作成しました。

                              
      <日本史メニューへ>