(プロフィール)
 
   
 
(短編小説)

更新日2017年4月28日
   
 
(ブログ)
   
   
   
   


 比較文化史の試み
   
最終更新日 2017年10月12日


 1747. 私信として その70 (10/12)
 1746. 私信として その69 (10/3)
 1745. 私信として その68 (9/24)
 1744. 私信として その67 (9/22)
 1743. 私信として その66 (9/16)
 1742. 私信として その65 (9/11)
 1741. 私信として その64 (9/1)
 1740. 私信として その63 (8/19)
 1739. 私信として その62 (8/9)
 1738. 私信として その61 (7/31)
 1737. 私信として その60 (7/21)
 1736. 私信として その59 (7/15)
 1735. 私信として その58 (7/12)
 1734. 私信として その57 (7/8)
 1733. 私信として その56 (7/3)
 1732. 私信として その55 (6/26)
 1731. 私信として その54 (6/22)
 1730. 私信として その53 (6/20)
 1729. 私信として その52 (6/17)
 1728. 私信として その51 (6/8)
 1727. 私信として その50 (6/3)
 1726. 私信として その49 (5/26)
 1725. 私信として その48 (5/16)
 1724. 私信として その47 (5/12)
 1723. 私信として その46 (5/4)
 1722. 私信として その45 (4/25)
 1721. 私信として その44 (3/30)
 1719. 私信として その43 (2/13)
 1718. 私信として その42 (2/5)
 1717. 私信として その41 (2/3)
 1716. 私信として その40 (2/1)
 1715. 私信として その39 (1/30)
 1714. 私信として その38 (1/28)
 1713. 私信として その37 (1/27)
 1712. 私信として その36 (1/24)
 1711. 私信として その35 (1/22)
 1710. 私信として その34 (1/19)
 1709. 私信として その33 (1/17)
 1708. 私信として その32 (1/15)
 1707. 私信として その31 (1/13)
 1706. 私信として その30 (1/11)
 1705. 私信として その29 (1/9)
 1704. 私信として その28 (12/29)
 1703. 私信として その27 (12/27)
 1702. 私信として その26 (12/24)
 1701. 私信として その25 (12/22)
 1700. 私信として その24 (12/20)
 1699. 私信として その23 (12/18)
 1698. 私信として その22 (12/15)
 1697. 私信として その21 (12/13)
 1696. 私信として その20 (12/10)
 1695. 私信として その19 (12/8)
 1694. 私信として その18 (12/6)
 1693. 私信として その17 (12/4)
 1692. 私信として その16 (12/2)
 1691. 私信として その15 (11/30)
 1690. 私信として その14 (11/28)
 1689. 私信として その13 (11/26)
 1688. 私信として その12 (11/24)
 1687. 私信として その11 (11/22)
 1686. 私信として その10 (11/20)
 1685. 私信として その9 (11/18)
 1684. 私信として その8 (11/16)
 1683. 私信として その7 (11/14)
 1682. 私信として その6 (11/12)
 1681. 私信として その5 (11/10)
 1680. 私信として その4 (11/8)
 1679. 私信として その3 (11/6)
 1678. 私信として その2 (11/3)
 1677. 私信として (11/1)

世界は人間なしに始まったし、人間なしに終わるだろう。

人類学者 レヴィ・ストロース

   
中国は発展途上国ですから。

中国人留学生(作者不詳)

なぜ反日教育がおこなわれているのか尋ねられて。
   
右目の方が左目より優れているなんてあるでしょうか。インドはふたつで一つなのです。

マハトマ・ガンディー

イスラム教徒とヒンドゥー教徒が反目していることについて。
   
頭痛から免れるために、あえて首を切り落とさなければならない。

ネルー首相

融和政策のガンディーを批判して。1947年、西パキスタン(パキスタン)と東パキスタン(バングラデシュ)が分離独立した。
   
何考えているんだ。仕事じゃないんだぞ。

タモリ

遅刻したゴルフ仲間に対して。ちなみにタモリは昔ゴルフ嫌いで有名だった。
   
明日が来ればね。

世界最高齢者(作者不詳)

ギネス申請するか聞かれて。
   
 

比較文化史

 このHPでいう『比較文化史』は一般的につかわれている学術用語とは異なります。試験対策の知識、あるいは官僚になるための学問とは違い、真の学問を目指すものです。使用法を誤らないように注意して下さい。

 ◆ 免責事項 
 当HPには一部過激な内容が含まれており、ユーザーが利用することによって生じた不利益や心的傷害などについては了解事項とし、その責任を負うものではありません。また、当HPの内容を引用し第三者を論難する目的に使用した場合についても同様であり、あしからずご了承下さい。

kobuta ichiba

吉 次   幹 信

Yoshitugu Mikinobu

2000/19/12

  注意事項! 
 当HPの内容は、いかなる政治的な保証を与えるものではなく、また政策上の決定を促すものでもありません。内容そのものに外交ないし内政上の重大な欠陥を含むものであり、学術的に正しいことは、政治的な妥当性を保証しません。
 政治家としての発言と、研究者の発言と、一般人の発言は重要度が異なりますし、また責任の度合いも所在も異なり、研究者の発言は学術的に正しいかどうかであり、いかんに関わらず政治家の発言は政治責任が発生します。政治家になる予定は全くありませんが、仮にならざるを得なくなった場合、当HPに書かれた内容は全否定します。それが政治家として正しい行為であり、責任の取り方なのです。