きまぐれの部屋 最終更新日 2005.08.23

このホームページの趣旨

 このぺーじはWebMasterが気まぐれで興味を持ったことについてコメントします。

 

更新履歴です

 

○ NEW 規格と民衆(2005.08.23)

 第1回目は「ようこそtetのぺーじへ」で触れた、様々な家電製品の規格と、それを購入し、利用する一般の方々との関係について述べたいと思います。極力専門的な言葉は使わず、わかりやすく記述するように努力しますので、最後までついてきてくださいね。

 私はパソコンをいじくるのが趣味ですので、まずパソコン関係の規格で目新しいDVDの規格から取り上げてみましょう。

 パソコン好きの方なら御存知でしょうが、現在DVDの書込み方式は、DVD+RW、DVD-RW、DVD-RAMの3つがあります。いまさら、どのメーカーがどの方式を採用しているかのかはどうでもよくなっているくらいに、複数の方式に対応したドライブが発売されています。マルチドライブとかスーパーマルチドライブとか言われる製品です。

 いまでこそ、DVDでデータ交換するのに、相手側の規格をいちいち確認するようなことは少なくなっていますが、(DVD-RAMだけはちょっと特殊ですが)、書込み型DVDの発売当初は、将来どの方式が標準的な地位を占めるのか、気をもんだものです。自分が購入したドライブの書込み方式が少数派となってしまうことはないだろうか、ビデオレコーダのベータ方式のように、ついには消滅してしまうのではないか等、心配の種は尽きないものでした。

 メーカー側の妥協もあったのか複数方式に対応することが主流となった今、このような心配は全くなくなったわけです。じゃあDVDの規格について、利用者が今さら文句を言う必要はないかというと、そうでもないのです。

 もし、DVD書込み規格が最初から統一されたものであったらどうなっていたでしょう。私個人の精神的苦痛がなくなるとこはささいなこととしても、利用者にとって様々な点で、便利な、有利な状況になっていたはずです。

 まず記録用のメディアのコストです。発売当初のDVD-RAM(カートリッジ片面4.7GB)には価格には驚きました。確か3〜4千円程度だったと思います。仕事の関係上どうしても1枚買い求める必要があったので記憶しています。いまでこそ書き込み専用メディアであれば1枚100円程度になっていますが、規格が統一されていれば、量産効果により、もっと早く、もっと安くなっていたのではないでしょうか。

  現在のDVDメディアの価格の確認と、御購入はこちらからどうぞ  

DVDR・RW メディア     DVD-R・RW メディア     DVD-RAMメディア

 また規格が1つしかないので、メディアメーカーは人員、機械設備等をひとつの規格の製品に集中することができたでしょう。品質や価格で他社製品と差別化するしかありませんから、もっと早い時期に、安くて品質の良い書込用DVDメディアが市場に流通していたはずなのです。

 読み取り、書込み装置(ドライブ)の方も同じです。一種類の規格しか対応しないドライブでよければ、もっと早い時期に、もっと安く高性能な製品が登場していたはずです。規格が同一なので、メーカーは静音性や、書込み時の安定性を追及して他社製品と差別化を図るしかなかったわけです。(これについてはパイオニアが現在の状況下で実践しており、実際一部ユーザーの支持を得ています。)

  現在のパソコン用DVDドライブの価格の確認と、御購入はこちらからどうぞ

DVDR・RWドライブ    DVD-R・RWドライブ   DVD-RAMドライブ   DVDマルチドライブ   DVDスーパーマルチドライブ

 つまり、メーカーの意地の張り合いによる規格乱立によって、利用者が得るものは何もなく、逆に損をするばかりなのです。(先に述べた精神的苦痛も含めて)

 メーカーにも言い分はあるでしょう。新しい規格のための研究に投じた資金や人員、開発に費やした年月を考えれば、おいそれと他社の規格にのれないことはわかります。ですから、規格を開発し始める段階から、各メーカーが協調するしかないのです。

 つきあいずらいメーカーや過去の経緯で協調したくないメーカーもあるかもしれませんが、利用者は単一規格を望んでいるのです。そうしてもらわなければ利用者は絶対損をするのです。各メーカーのトップ技術陣が結集すれば、もしかしたら、今よりもっとよいDVDの規格が誕生していたかもしれません。

 次世代DVDの規格問題も然りです。すでにブルーレイレコーダーを購入された方はお怒りになりかもしれませんが、規格をいったん白紙に戻して、全DVD関係メーカーが集まり、よりよい統一規格を作ってください。ぜひお願いします。 

 本来は国の経済産業省とかがリーダーシップをとって、やるべきことなのかもしれませんが、(通産省時代のシグマプロジェクトの大失敗があるから、多分,、何も言わないとは思いますが)日本のメーカーの良識に期待したいと思います。

 とりあえず、書きたいこと書きつくしました。このホームページに載せたくらいでは、メーカーは動いてくれないとは思いますが、このページを読んでいただいた方の利用者としての意識が喚起できれば幸いです。 

質問・ご意見はこちらまで

 

スポンサーのページです。当サイトは営利を目的としたものではありませんので、皆様のクリックによって得られた費用は取材費(アキバ等への出張費、情報誌の購入、メーカへの電話での質問)に充当させていただければと考えております。当サイトの趣旨に御賛同いただける方は、御協力のクリックをしていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Info-Cash

 

tetのぺーじへ戻る