熱測定とは

  熱測定とは、大別して動的熱測定と静的熱測定に分けられます。

  動的熱測定は、DSC・DTA・TGなどを用いて、あらゆる物質を等速で温度上昇や温度下降させた時に生じる変性・転移・融解などによる温度と熱量を測定し、物質の性質を解明することを目的とします。

  一方静的熱測定は、各種カロリーメーター(伝導熱量計・恒温壁熱量計・断熱熱量計など)を用いて、一定温度条件下で2物質またはそれ以上の物を混ぜ合わせた時に生じるあらゆる熱量(反応熱・浸漬熱・吸着熱・溶解熱・混合熱など)を測定し、熱力学的エネルギーの情報を得て物質の性質の解明を行ったり、発生熱量の大小により品質管理を行うことを目的とします。

 

 

 

  弊社で発行している技術参考書「各種熱量計の開発と材料研究への応用」の第1章「概要」の冒頭に、

熱量測定は、種々の化学的、物理的変化に伴う熱力学的エネルギーに関する情報を得る上に重要な手段である。そして、殆ど全ての化学的、物理的変化には 、熱の出入りを伴うことから熱量および熱変化過程を知ることにより、有効な知見を得ることができる。

と記されています。

  「殆どすべての化学的、物理的変化には熱の出入りを伴う」、このように多岐にわたる測定は、多くの方々によって行われます。したがいまして、多くの測定分野で納得できる熱量計はどのような構造で、どのような性能が望まれてるのかを 、 研究者と二人三脚で開発を行うことをポリシーとしております。