2005/10/26


ContaxV
ツァイス・イコンは1936年のライプチヒ春季見本市(3月1日〜6日)にContaxUとVの新製品を展示した
ContaxUは4月以降・ContaxVは6月以降に発売になった
ContaxTの欠点が見直され長所は保持され、また新しい長所が付け加えられた

ツァイス・イコンの最初の電気露出計はヘリオス(単独・差し込み露出計)と名付けられ1935年始めに発売され
この発展の結果としてコンタックスにも露出計を装備しようという考えから生まれた

なお、ContaxUにあとから改造して露出計を付けたものもあるらしい。
露出計 電気式露出計
シャッタースピード B・1/2・1/5・1/10・1/25・1/50・1/125・1/250・1/500・1/1250
シャッター幕 1/10mm真鍮薄板 (24×36mm)
ファインダー倍率 0.7
距離計ファインダー 連動旋回プリズムファインダー
基線長 89.5mm・有効基線長62.7mm
マウント コンタックス・バヨネットマウント
製造年数 1936年〜1942年か1943年迄らしい
部品数 約730個
    Nr.C13***  Nr.G12***
参考図書 樺ゥ日ソノラマ・・・・・・・・・コンタックスのすべて
樺ゥ日ソノラマ・・・・・・・・・クラシックカメラ専科 bT9


Home