1718年享保の改革の一環として南町奉行大岡越前の守忠相により江戸町火消しの制度が作られます。
これは当時大名火消や定火消等消防組織はあったものの,町屋を守るものはなく、一度火災が起こると町屋も江戸城武家屋敷も変わりなく火災にまきこまれてしまう為江戸の町は町人自ら守る様に組織されました。
この町火消しは1720年享保5年には、いろは四十八組にわかれていて、さらに隅田川の東側にさらに16組火消し組が作られました。
 この町火消しはたびたびの大火などにより幕府の財政が貧していることもあり、費用はすべて町内の町費によりまかなわれていて現在の消防団の前身となりました。
 このころの消防は、現在のような消火とはちがい延焼しそうな家を延焼阻止の為に風下に向かってどんどん破壊する破壊消防で、まずは火災が起きると町火消しが半纏をきて駆けつけて屋根に纏を上げ、それをシンボルに鳶口で纏を燃やさないよう一丸となり家屋を壊して延焼をくい止めました。
 当然火勢が強くなると纏をおろすおろさないで組みの名誉もかかわり、功を競い合い 定火消や大名火消にも劣らない働きをするようになり町火消全盛時代を築き上げました。
 ちなみにこの当新川地域はいろは48組のなか千組が受け持ちました。
 そののち、明治5年には消防組また昭和14年には警防団 さらに昭和22年には消防団として、破壊消防から消火消防へと移り変わり江戸湊新川は守られて来ました。
今現在もその当時からうけつがれた鳶さんもこの京橋消防団第7分団員として活躍しています。

画像
い組の纏(江戸の花子供遊び)
千組の纏(江戸の花子供遊び)
     歌川芳虎 画

HOME