中国結び検定と資料
中国結びは紐を結ぶ中国の伝統工芸です。
日本では中国結びについての情報が非常に曖昧であり、結び目の名前や種類について、一定の明確さをもって発表された資料はほとんどありません。
「中国結び」と称しても、結び目の名前が日本結び寄りの名前になっていたり、紐を糸と呼んだり、結び芸を組み紐と混同している様子もよく見かけます。
表現も、日本や西洋の結び芸のスタイルをそのまま拝借したものを中国結びとしているケースが後を絶ちません。
そのため、本来の専門的な中国結びとは言い難いものが、中国結びだと誤解されている事が多いのです。

そこで、基礎から高度な内容にいたるまで段階別に整理した資料を、順次こちらでご紹介することにしました。
あくまで便宜上整理するためにこちらで分けた段階区別です。
他協会や集まりと全く同じではありませんが、台湾の複数の先生方にも確認していただいているので大体の目安にはなります。
中国や台湾で出版されている専門書と一致する部分も多いので、中国結びを詳しく知りたい方、身に着けたいと考えている方への一助となれば嬉しいです。

そして中国結びの技能を高めるための目標として、身内の集まりですが中国結び協会を立ち上げました。
2013年から日本の東京で検定試験を行っています。一般の方でも希望があれば参加可能です。合格者には当協会の認定証を発行します。
ささやかな集まりではありますが、着実に歩んで行きたいと思います。
ご賛同いただける方のご参加をお待ちしております。詳しくは協会HPをご覧ください。

*専門用語と記号について* 
 

準4級レベル資料
4級レベル資料
3級レベル資料
2級レベル資料
1級レベル資料 2017年更新予定
師範レベル資料 2018年更新予定
研究者レベル資料 2019年更新予定

TOPページへ