中国結びとは

中国結び(ちゅうごくむすび・チャイニーズノット)とは
紐(ひも)を結ぶ事で様々な形を制作していく伝統芸術です。
歴史は中国春秋戦国時代の末期(紀元前5世紀)から。
戦国時代(前403〜前221)に作られた青銅の壺に
「双銭結」(そうせんむすび)が紋様として使われていたことから、
2000年以上前からであるといわれています。
日本の奈良正倉院にある唐代の腰帯には「十字結」(じゅうじむすび)で結ばれた
袋が付いており、中国結びが海外へと伝播していたことがわかります。
当時の日本は唐王朝に遣唐使を派遣して貢物を送っており、
唐はそのお返しとする贈り物を紅白二色の麻縄で結び、海路の無事を祈りました。
  これが日本で今も使われている水引などへと発展していったのです。  
参考文献・「中国結的歴史面貌」「中国結3」
陳夏生著(元台湾故宮博物院学芸員・中国結び研究家)

東アジアの結び文化の源流は中国ではありますが、料理の麺類が様々であるように
中国結びは「チャイニーズ・ノット」
日本の結びは「ジャパニーズ・ノット」
韓国結びは「コリアン・ノット」

というように、結び文化も国により様々に発展し現代に至ります。
結びの名前・意味合い・作法・スタイルなど、
ひとまとめでは味わえないその国々の思想に基づいた
深い意味や・歴史・伝統があります。

また、結び芸は「組み紐」とよく間違われてしまうのですが、
組み紐は「糸を組んで紐を作る工芸」
結び芸は「紐を結んで形を作る工芸」
紐を「作る」のは「組み紐」・紐を「結ぶ」のが「結び芸」です。

更に日本語の場合、糸→紐→縄→綱 というように、
太さによって材料の名前に違いがあります。
細すぎる糸はあまり使いません。

中国結びは様々な結び目を組み合わせて縁起のよい形を表現する
中華伝統の「紐を結ぶ工芸」=「結び芸」です。

それぞれの結び文化を区別認識する事で、それぞれの伝統を大切にしたいですね。

お勧め書籍
英語版ではありますが、故宮博物院出身の専門家による詳しい図解・美しい作品紹介がされている、
日本で入手可能な専門書です。かなり充実した内容です。


この書籍と私の考えについて

TOPページへ