蚕糸の森に1万人の歓声響く
青年部の建前上棟式でまかれた餅やお菓子をつかもうと手を伸ばすみなさん
青年部の建前上棟式でまかれた餅やお菓子をつかもうと手を伸ばすみなさん

  10月2日(日)杉並第十小学校グラウンドと蚕糸の森公園で、第11回東京土建まつりを開催しました。ほんのひととき雨がぱらついた時間帯もありましたが、午前10時から午後3時まで、涼風そよぐ秋空のもと、1万人の来場者を迎えることができました。


 舞台では7団体が出演しました。まず「華純連」が阿波踊りを披露し、場内を一周してから舞台上で、もうひと踊り。その後は「蚕糸太鼓」「チアダンスTAKANI」が登場し、会場全体が盛り上がったところで、青年部が建前上棟式をおこないました。

 午後の舞台では「ガーバラ佐藤バンド」「東京大学民族音楽愛好会」「杉二小ウィンドバンド」「Dancin’ Festa舞祭組」が出演しました。
 
力強い演奏をした蚕糸太鼓 フォルクローレを披露した東京大学民族音楽愛好会
力強い演奏をした蚕糸太鼓 フォルクローレを披露した東京大学民族音楽愛好会
   
 模擬店は、全13分会が独自のテントで出店。そばや鮎焼き・焼き鳥、スジ煮、産直野菜バザーなどのほか、地域の団体からも出店があり、多彩な模擬店が並びました。

手打ちそばの模擬店は大人気 カンナ削り体験。うまく削れたかな
手打ちそばの模擬店は大人気 カンナ削り体験。うまく削れたかな

 
新企画 各職コーナー大人気

また、今回はジャンボ工作教室に各職コーナーを設置し、左官・塗装体験を実施しました。
分会でも善福寺のカンナ削り体験、中央の丸太切りなど、技を活かした企画がおこなわれました。

左官体験コーナ 塗装体験コーナー
●左官体験コーナー
 珪藻土を、コテで木の枠に平たく塗る作業にチャレンジ。仲良く手形をとった子どもたち。
●塗装体験コーナー
 黄色い水性ペンキを木材に塗る作業にチャレンジした子。きれいに塗り上げました。
 

   蚕糸の森公園・大滝前広場では、消防の煙体験や区防災課の企画や起震車体験などがおこなわれました。
 今回は、会場で東日本大震災の復興支援募金にも取り組みました。みなさんご協力ありがとうございました。

東京土建の震災復興活動を展示
東京土建の震災復興活動を展示
 
 午後3時に舞台から最後の餅まきをして、閉会となりました。

スタンプラリーの景品が当たって喜ぶみなさん スタンプラリーの景品が当たって喜ぶみなさん スタンプラリーの景品が当たって喜ぶみなさん
スタンプラリーの景品が当たって喜ぶみなさん
 
来場者のみなさん、また来年も東京土建まつりでお会いしましょう!