最近呑んだ吟醸酒について
   

 

 

2019年4−6月分

 

   

§酒のトップページに戻る§  <ホームページへ>

 


 
  これからの話は消費者(飲み手)という立場で書いていきます。評論家や蔵元、酒屋の立場では見ていません。と言う事は、売りたいための宣伝はしませんし、太鼓持ちのような感想も書きません。また、音楽とか味覚とかいう物は大変抽象的で表現が難しいのですが、平易に書きたいと思います。

 よく、食べ物店の紹介記事で絶賛している物を食べると、首を傾げたくなる時が多々ありますし、テレビでリポーターが口に入れたとたん「うまい」と発言しているウソ等はここでは、しないように心がけています。 
  

◆月に一度の例会で飲んだ吟醸酒について、ズバリ、どういう酒か、皆様への判断基準を書きます。

 A;味、B;香り、C;コストパフォーマンス、D;総合評価を、各5点評価(5;最上 4;良 3;まあまあ 2;まだまだ 1;評価外)で表します。 総合評価3−(マイナス)以下ではもう一度買うかと言えば、考えてしまうレベル。2ではタダで贈られても困ってしまうレベル。 

 私の独断と偏見なしで評価し、E;寸評も入れます。なお、会での評価も、判断基準の参考にしています。また、評価はこの日に飲んだ吟醸酒の味で、次回も酒の性格上、ロットや時間が変れば同じとは言切れませんが、傾向としては、間違ってはいないと思います。

 <<  ここで飲まれている吟醸酒の購入元をお知りになりたい方は、メールをいただければ、早い時期(忘れない内)なら、販売店をご紹介できます。>>


 




 吟醸酒の会へのお誘い  

 

       ↑上のボタンを押すと、ご案内のコーナーに行けます。

 

 

◇イイお酒を、イイ友と、イイ肴と、イイ会話で月1回楽しむ会です。◇

 


2019年次回5月例会は、25日(土)です。

 

 

 

 


 

 

 

2019年5月25日(土)例会予定酒


 

1.福田酒造(長崎県平戸市)  純米  「福田」 無濾過生原酒
原料米;山田錦、 精米歩合;65%  【アルコール分】 16度  1.8L \2,808
 A;味、B;香り、C;コストパフォーマンス、D;総合評価

E寸評;


2.花の香酒造(熊本県和水町)  純米大吟醸  「花の香」 
原料米;山田錦、 精米歩合;50%  【アルコール分】 16度  1.8L \ 2,945
 A;味、B;香り、C;コストパフォーマンス、D;総合評価

E寸評;


3.小林酒造(栃木県小山市)  純米大吟醸  「鳳凰美田」  生酒
原料米;山田錦、 精米歩合;50%  【アルコール分】 16〜17度  1.8L \ 3,240
 A;味、B;香り、C;コストパフォーマンス、D;総合評価

E寸評;


4.日の丸醸造(県市)  純米大吟醸  「裏十文字」 生原酒
原料米;雄町、 精米歩合;48%  【アルコール分】 16度  1.8L \ 3,672
 A;味、B;香り、C;コストパフォーマンス、D;総合評価

E寸評;「まんさくの花」醸造元。搾り行程で最後の”責め取り”部分を瓶詰めしたものです。


5.吉村秀雄商店(和歌山県岩出市)  純米大吟醸  「車坂」 生原酒
原料米;−、 精米歩合;45%  【アルコール分】 16度  1.8L \ 3,672
 A;味、B;香り、C;コストパフォーマンス、D;総合評価

E寸評;搾り行程で最後の”責め取り”部分を瓶詰めしたものです。


 

 


 

 

 

2019年4月27日(土)例会


 

1.富士高砂酒造(静岡県富士宮市)  純米  「高砂」 
原料米;−、 精米歩合;60%  【アルコール分】 17度 【日本酒度】+8  1.8L \2,624
 A;味4、B;香り4、C;コストパフォーマンス4、D;総合評価4

E寸評;濃い色合いの中から濃い味わいと酸味のキツさが目立つ。どうしても次の一杯に手が出ない。呑むにはまだ2〜3ヶ月早かったのか。


2.神沢川酒造場(静岡市清水区)  純米吟醸  「正雪」  
原料米;吟ぎんが、 精米歩合;50%  【アルコール分】 16〜17度 【日本酒度】+4 【酸度】1.1  1.8L \ 2,916
 A;味5、B;香り4+、C;コストパフォーマンス5、D;総合評価4+

E寸評;透き通った液の中から、品良くさらりとした味わいがあるが、酸味が口中に残る。看板商品なのに、いつもの味わいと違い、バランスが崩れている。


3.旭酒造(山口県岩国市)  純米大吟醸  「獺祭」 
原料米;−、 精米歩合;45%  【アルコール分】 16度  1.8L \ 3,240
 A;味5、B;香り5、C;コストパフォーマンス5、D;総合評価5

E寸評;今までは精米歩合が50%であったが、今年は45%になっています。その分雑味がなく清楚で呑み疲れしない。しかし、コクや芳醇さが無くなってしまった。


4.英君酒造(静岡市清水区)  純米吟醸  「英君」  無濾過生原酒
原料米;備前雄町、 精米歩合;55%  【アルコール分】 17度  【日本酒度】−1 【酸度】1.7  1.8L \ 3,456
 A;味4、B;香り4、C;コストパフォーマンス4、D;総合評価4
E寸評;酸味がきつく味わいにザラつきが有り、雄町の味わいも、酒の味わいもなく、素直な味わいも無い。仕込み水の素性が味わいにもろに出てしまったのでは・・・。


5.八百新酒造(山口県岩国市)  純米吟醸  「雁木」  無濾過生原酒
原料米;−、 精米歩合;50%  【アルコール分】 17度   1.8L \ 3,564
 A;味4+、B;香り5、C;コストパフォーマンス4、D;総合評価4

E寸評;ビンの底にフアフアとしたオリにしては大きな塊が複数浮き沈んでいる。いくら無濾過だと言っても大きすぎる。雁木にしては酸味がきつく味わいにバランスが欠け、こなれていない。

 

 

★ 平成最後の酒の会です。今回の酒達は、どれも新酒ですが、酸味がきつく味わいを損ねているのが有ります。どれも味わいバランスせず、旨みの足を引っ張る結果になっている。新酒の時期は”やんちゃ”なのは分かりますが、あまり世間知らずのやんちゃ娘では話しかけるのにも嫌気がさします。

 


 

 

 

 

 


 

  §酒のトップページに戻る§     <2018年10−12月に移動>   <2019年1−3月に移動>