第1章  「興亜論」研究にあたって
  「興亜論」とは/「興亜論」発生の背景としてのアジア情勢/維新前の対アジア思想
第2章  日本の近代化と軍国化
  「大国」への道/「富国」と「強兵」/朝鮮を巡る清との対立/自由民権運動/自由民権論とアジア思想
第3章  「脱亜論」と日清戦争
  福沢諭吉「脱亜論」/日清戦争
第4章  「脱亜」の達成と「興亜」の発生
  樽井藤吉の「大東合邦論」/荒尾精/日露戦争/近衛篤麿/岡倉天心「アジアは1つ」
第5章  「興亜」からの離脱
  韓国併合/朝鮮の排日感情/伊藤博文の最期/「興亜」から離脱し始める日本外交/内田良平と一進会
第6章  日本の迷走と破滅までの道程
  辛亥革命/帝国主義化する日本/北一輝/中国の統一/追い込まれ逝く日本/日中全面戦争から終戦まで/大川周明
第7章  むすびにかえて
  「興亜論」は無駄なものだったのか
参考文献