平均寿命の世界ランキングを図録化している(図録1620)が、ここでは男女計の平均寿命の世界マップを作成し、世界各国の状況を概観した。更新前の2002年地図はここ

 図を見れば、大陸ごとに平均寿命の顕著な特徴が見てとれる。

 まず、サハラ以南アフリカの低さが目立っている。ほとんどの国で60歳未満であり、中には40歳台の国もかなりの数存在している。

 欧米(西欧、中欧、北米、オーストラリア・ニュージーランド)は、すべて70歳以上であり、80歳以上の国もかなり見られる。平均して寿命が高い大陸となっている。

 南米は70歳代の国が多く、60歳代が若干ある。

 アジアは高低差が目立つ。すなわち、

・世界一の長寿国日本(80歳台)、韓国も80歳代
・70歳代を達成している中国、トルコ、サウジアラビア、イランなど近東諸国とマレーシア、ベトナムなど一部東南アジア諸国
・60歳代のロシア、ウクライナ、カザフスタンなど旧ソ連地域とインドからインドネシア、フィリピンなど東南アジアにかけての諸国
・50歳代の国はない
・アフガニスタンは40歳台とかなり低い

 更新前の2002年グラフと比較するとサハラ以南アフリカでも平均寿命30歳台の国がなくなった一方、欧米で平均寿命80歳台の国がかなり増加している。

(2004年9月26日収録、2008年4月6日更新、2012年6月13日更新)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 健康
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)