「非合理的な存在や力を信じる若者が増えている」(図録2927)が多くのネタサイト等に引用されるなどして非常に多くのアクセスを得た。ここでは、この図録を別の形で裏づけるデータとして宗教心の2側面の55年間の変化を示したグラフを掲げることとする。

 統計数理研究所によって「日本人の国民性調査」が1953年以来、5年ごとに戦後継続的に行われている(同じ問を継続しているが問によっては必ずしも毎回聞いている訳ではない)。長期的な日本人の意識変化を見るためには貴重な調査である。この調査はすべて、全国の20歳以上(ただし2003年〜08年は80歳未満、2013年は85歳未満)の男女個人を調査対象とした標本調査である。各回とも層化多段無作為抽出法で標本を抽出し、個別面接聴取法で実施されている。2013年調査は10〜12月に行われ、回答者は、この問に関しては1,591人だった(回収率49%)。

 ここでは、宗教心の2つの側面、すなわち「信仰や信心をもっているか」と「あの世を信じているか」について、1958年段階の結果とその50年後に当たる2013年の結果をグラフにした。(なお前者については1958年以降毎5年に調査されているが、後者の調査は1958年と2008〜13年のみである。)

 宗教についてはヘーゲルやベルグソンなどの哲学者は自然宗教と啓示宗教に区別している(この用語はヘーゲル)。自然宗教は土俗的宗教や民族宗教の段階の宗教であり、知性や理性で説明が困難な得体の知れない存在や気持ちをどう理解するかに関わる宗教心であり、げんかつぎ、呪術や個人・血族・都市・民族の守護神、死後の世界設定などの分野である。啓示宗教はキリスト教、仏教、イスラム教など民族を越えて信仰されるレベルの高い宗教であり、ベルグソンなどは人類が人類以上の存在へ向かう進化の途とも捉えている(「道徳と宗教の二源泉」)。

 単純化すると、宗教心の2つの側面のうち「信仰や信心をもっているか」は啓示宗教的な分野に近いし、「あの世を信じているか」は自然宗教的な分野に近いと考えられる。

 1958年の段階では、宗教心の2側面を信奉しているものはいずれも若者で少なく、高齢者で多いという構造をもっていた。自然科学信奉が迷信への反発の余り宗教一般を若者に忌避させた結果であろう。

 ところが、55年後の2013年の段階では、信じているものは全体に少なくなったもの信仰・信心は以前と同じように高齢者ほど多くが持っているのに対して、あの世を信じるものは、むしろ、50歳代までの方が多いという構造に変化した(2008年の結果では、若い層ほどあの世を信じる比率が高かったが2013年では30歳代以下より40〜50歳代の方が信じる比率が上回った)。

 こういう状況をポストモダンというのであろうが、人類史にとっての意味は不明である。啓示宗教が20世紀に力を失ったからかも知れない(「宗教は阿片である」「神は死んだ」)。しかし私などにとっては人類精神が退行しているようにしか見えない。携帯電話が個々の人間の計画精神を失わせ、社会全体としての知的レベルは上げていても個々人のレベルはアメーバに近い本能的な存在に近づけていると感じるが、宗教心も同様の方向にあるようだ。1971年以降の同様の傾向は図録3971bにも見られる。

(2010年4月12日収録、2014年10月31日更新)

サイト内検索
関連図録
2927 非合理的な存在や力を信じる若者が増えている
3971 宗教家の人数推移
3971b 宗教や信仰のうえで何を信じているか
9520 神の存在・死後の世界に対する見方(世界55カ国比較)
9522 神の存在・死後の世界を信じるものの割合の推移(ヨーロッパ6カ国)
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾