日本人の宗教観が世界の中でも特殊であることを神に対する考え方の国際比較をテーマとした図録9528でも明らかであるが、ここでは、また別の側面から宗教をめぐる日本人の特殊な国民性についてふれてみよう。

 統計数理研究所が行った国際比較調査の中では、宗教心に関し2つの設問、すなわち、「あなたは、何か信仰とか信心とかを持っていますか?」と「それでは、いままでの宗教にはかかわりなく、「宗教的な心」というものを、大切だと思いますか、それとも大切だとは思いませんか?」という2つの設問を行っている。

 この2設問への回答を散布図で見てみよう。X軸に「信仰や信心をもっている」の比率(すなわち無宗教の者が多いかどうかの比率)、Y軸に「宗教的なこころは大切」の比率をとってみると、両者は、ほぼパラレルだということが分かる。無宗教の者が少ないイタリアやインドのような国では宗教心も大切だと考えているし、逆に、中国の北京や上海、あるいは欧米の中ではオーストラリアやオランダのような無宗教の者が多い国や地域では、宗教心もそれほど大切とは思われていない。

 これが宗教に関する考え方の世界標準のフレームワークである。ところが、日本人はかなり変わっている。無宗教の者が多い割には、宗教心を大切にする者がやけに多いのである。

 これを、信仰や信心とまではいえない山川草木や神社などに対するアニミズム的な宗教心が強いと考えるか、あるいは、キリスト教、イスラム教、仏教といった教義宗教を嫌う気質があると考えるかは、見方次第であろう。

 図録9530では、祖先の霊的な力への感受性が、日本の場合、先進国では普通見られないほど非常に高い点を見たが、これを思い出すと原始宗教的な宗教心が強いとも思える。

 他方、日本の歴史をさかのぼり、外来宗教を在来宗教と調和させた「神仏混淆」の考え方が古来より自然に受け入れられてきたことを振り返ると日本人の教義へのこだわりのなさは生来のものといえる。神を信じるのも信じないのもどちらも何か違うと考えている日本人の特殊な神観について図録9528でふれたが、やはり、起源を一にしているものといえよう。統計数理研究所の所長としてこれらの設問を含む一連の調査を企画実施した統計学者の林知己夫は、こうした考え方が影響してキリスト教など自分たちと違うものを排斥する教義をもつ排他的な宗教は日本では広まらないと考えた(林知己夫(1995)「数字からみた日本人のこころ」徳間書店林、p.72〜73)。

 実は、林知己夫がこうした考えに至ったのは統計数理研究所が5年毎に継続して行っている「日本人の国民性調査」でこれらの設問に対して無宗教なのに宗教心を大切にするという非常に安定した回答が得られることに気がついたからである(図録3971e)。冒頭に掲げた国際比較はこれを諸外国と比べて確認するために行われたものであり、案の定、日本人の特殊な宗教観が明らかになったのである。

 下には、日本人に対して継続的に行われた2設問の結果を再録した。戦後日本人の意識は多くの点で変化したが、この2設問に関しては変化は小さかったことがうかがえる。変化が小さいのには高齢化の影響もある。すなわち、この2設問は高齢者ほど回答率が高くなるから(図録3971a)、高齢者の割合が増えるほど高めにバイアスがかかるのである。年齢構成が同じだったらという年齢調整を行ってみると、両設問ともやや下降傾向をたどってはいる。大きな変化ではないが無宗教が増え、宗教心を大切にする考え方も減る傾向にはあるのである。しかし、両設問の回答率の食い違いは不変なのであり、そうしたことから信仰と宗教心に関する世界標準からの日本人の乖離の状況にも変化はないのである。


(2017年4月4日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 教育・文化・スポーツ
テーマ 宗教
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)