スイス・ジュネーブの高等国際問題研究所は拳銃や自動小銃など小型武器の現状についての白書を毎年まとめている。ここでは2007年の報告書から拳銃など小火器の各国別の保有数を図録とした。

 世界の小火器は全部で8億7500万丁あると推計されるが、そのうち74%に当たる6億5千万丁は民間が保有している。

世界の小火器(firearm)
  小火器数
(百万丁)
比率
(%)
875 100.0
司法・警察当局 26 3.0
200 22.9
民間 650 74.3
(注)高位推計と低位推計の平均である。軍保有については旧式の非自動武器を含まず。民間保有は手工業製品を含まず。
(資料)Annexe 3; Small Arms Survey (2006, pp. 37, 56)

 各国別に見ると米国の民間保有数が2億7千万丁と圧倒的に多く、人口比でも10人に9丁という高い保有比率になっている。まことに米国の銃社会ぶりを象徴するデータといえよう。

 下表のように米国で銃の乱射事件がしばしば起こるのもこうした背景によるものである。

米国で起きた主な銃撃事件
1999年
4月20日
コロラド州の高校で男子生徒2人が銃を乱射、生徒ら13人死亡(コロンバイン高校乱射事件)
2007年
4月16日
バージニア州のバージニア工科大学で男子学生が乱射、学生ら32人を殺害
2009年
11月5日
テキサス州のフォートフッド陸軍基地で陸軍少佐の精神科医師が乱射、13人死亡
2012年
7月20日
コロラド州デンバー郊外の映画館で男が乱射、12人死亡
2012年
12月14日
コネチカット州ニュータウンの小学校で男が乱射、子どもら26人が死亡
2015年
6月17日
サウスカロライナ州チャールストンの黒人教会で白人の男が乱射、9人死亡
2015年
10月1日
オレゴン州ローズバーグで男が乱射、9人死亡
2015年
12月2日
カリフォルニア州の福祉施設で乱射事件。14人死亡、警察が容疑者男女を射殺
2016年
6月12日
フロリダ州の同性愛者向けナイトクラブでアフガニスタン移民の子であるイスラム教徒の男が乱射、49人死亡
2017年
10月1日
ネバダ州ラスベガスのホテル32階からコンサート会場に向けた銃乱射で、米国史上最多の死者58人の犠牲者、負傷者は527人(地元捜査当局2日発表、死者数は後日の訂正後)
(資料)東京新聞(2016年6月14日)、毎日新聞(2017年10月3日)

 米国の高校生の武器携行率については図録8810参照。

 小火器保有数総数で米国に次いで多いのは、インド、中国、ドイツ、フランスなどである。

 人口当たりの保有数では、米国に次いで、イエメン、フィンランド、スイス、イラクなどが高い保有率となっている。

 銃社会の米国では自殺も銃によるものが半数を占めている(自殺手段に関する図録2747)。下には、自殺率の国際比較に関する図録2770参照の中で米国の自殺事情にふれた際に引いたデータを再掲した。銃の保有率の高い州ほど自殺率が高くなっている状況が明確に示されている。この図から、米国の中でも地域によって銃保有率がかなり異なることも分かる。モンタナ、アラスカ、ワイオミングといった州では銃保有率が60%以上と非常に高くなっているのに対して、ハワイ州や首都ワシントンDCでは10%未満とかなり低くなっているのである。


 図には保有数上位30カ国のデータを掲げているが、人口当たりの高い国の順番に対象国は以下の国々である。米国、イエメン、フィンランド、スイス、イラク、セルビア、フランス、カナダ、スウェーデン、ドイツ、サウジアラビア、アンゴラ、タイ、オーストラリア、メキシコ、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン、イタリア、パキスタン、スペイン、ロシア、ブラジル、コロンビア、ウクライナ、英国、イラン、フィリピン、インド、中国。

(2007年9月14日収録、2015年2月11日米国の州別の銃保有率と自殺率との相関図掲載、2016年米国の主の銃撃事件年表、2017年10月3日年表更新)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 地域(海外)
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)