姜建華プロフィール

 

 

 

 

 

 

 

中国上海に生まれる。10才のとき叔父から二胡を学ぶ。

13才から海外音楽活動を開始。ヨーロッパ、アフリカ、東南アジアで演奏活動を行う。

1974年 北京中央音楽学院に入学、安如砺らに師事。

1986年 副教授に任命される。

1978年 指揮者の小沢征爾氏が中国を訪問した際、姜建華の演奏する「二泉映月」に感動し、姜建華をアメリカに招く。タングルウッド音楽祭に参加。ボストン交響楽団やサンフランシスコ交響楽団と協演。

1981年 中国全国器楽コンクールで、審査員満場一致という空前絶後の成績により第一等賞を受賞。

1986年 中国文化部より国家第一級演奏家として認可を受ける。また、東京ではサントリーホールのこけら落としとして、安生慶が姜建華のために作曲した二胡協奏曲「風影」を小沢征爾氏率いる新日本フィルハーモニー交響楽団と演奏。

1988年 お茶の水カザルスホールのこけら落としとしてソロ・リサイタルを開く。また、「小沢征爾/子供と語る音楽会」では、二胡独奏で「ツィゴイネルワイゼン」を弾き、大成功を収めた。

1989年 小沢征爾が指揮するベルリンフィルハーモニー管弦楽団の定期公演で安生慶の二胡協奏曲「風影」を演奏。

1990年 上海交響楽団と1ヶ月のアメリカツアーに参加。カーネギーホールを始め、各地で絶賛を浴びる。

1992年 王子ホールオープニングコンサートに出演。

1995年 サントリーホールで行われた小沢征爾還暦記念コンサートに参加。また、石井真木が姜建華のために作曲した二胡協奏曲「飛天頌歌」を作曲者の指揮で初演。
 同年、東京に姜建華胡琴研究会を設立し、日本における二胡及び中国音楽の研究、普及教育活動を開始。

1999年 加古隆氏のコンサートに参加。また、葉加瀬太郎氏のコンサートツアーに参加。

2001年 東京紀尾井ホールで、6本の二胡によるリサイタルを開催し、成功を収める。11月には東京と名古屋で開催した京劇三国志「龍鳳呈祥」で北京京劇院と競演。各マスコミで絶賛される。

2002年 中国上海市で日中国交正常化30周年記念としてコンサートを開催し、大成功を収め帰国。NTTドコモ関西のテレビCM曲を演奏

2003年 第17回日本ゴールドディスク大賞特別賞を受賞。日中国交正常化30周年を記念した多くの活動により日中両国の伝統音楽の存続・発展への功績が高く評価される。

2006年 二胡教室レッスン修了生を中心に二胡合奏団「華園」を組織、指導に当たる。11月には演奏会を開催し、喝采を得る。

2007年4月 北京中央音楽学院教授に就任。現在に至る。 

さらに創造学園大学教授を務めるほか、多数の交響楽団、アーティスト達との共演、テレビ出演、CD制作等、幅広く活躍中である。