本文へスキップ

JMCN日本心理相談カウンセリング協会はご相談窓口の運営、カウンセラーの活躍の場の提供などカウンセリングの普及に努める任意団体です。

TEL. 090-5457-5735

〒410-0833 静岡県沼津市三園町5−3 三園ビル3階

新着情報・FAQNEWS&FAQ

新着情報

2015年04月01日
月会費を変更(値下げ)致しました。
2014年05月10日
加盟金36万円からのコースを新設。及び全コース加盟金改定。
詳しくはこちらをご覧下さい。
2012年12月01日
サイトをオープン致しました。

サポート情報(FAQ)

Q&A

Q.JMCNの特色は何ですか?


A.協会直営の『カウンセリングサロン オフィストウカイ』をはじめ『総合探偵社 東海リサーチ
  など悩んでいる方、困っている方の為の事業及び
  カウンセラーとして社会で活躍したい方を支援する事業
を展開しています。

  また『総合探偵社 東海リサーチ』は内閣府認証特定非営利活動法人『日本興信探偵業協会』にも登録。
  全国の探偵社弁護士事務所警察とのパイプを持っています。
  よって心理カウンセリングや悩み相談だけでなく法的対処まで可能です。

Q.協会に加盟するメリットは何ですか?


A.・協会直営の『カウンセリングサロン オフィストウカイ』でのノウハウを活用出来ます。
  ・ブラックリスト掲示板を共有出来ます。
  ・JMCN本部の住所を使用可能。(実際に面談場所としての使用可能)
  ・ビジネスネームでの経営が可能。
  ・広告費などの運営費を抑える事が可能。(JMCNにて広告致します)
  ・固定人件費不要。
  ・etc…

Q.他のカウンセリングルームと比較した場合は?


A.現在の法律ではカウンセリングルームの経営に関して特に規制はございません。
  その為、利益優先のカウンセリングルームや電話相談室等も少なからず存在致します。

  またカウンセリングルームの代表者やカウンセラーもどの様な人物なのか解りづらいと思いますが
  JMCNの代表は直営しているの探偵業『総合探偵社 東海リサーチ』の運営をしている事で
  静岡県公安委員会(窓口、沼津警察署生活安全課)に探偵業開始届を提出しています。

  警視庁のHP⇒探偵業の業務の適正化に関する法律


↑警視庁のHPもご覧下さい。


  簡単に法律上の探偵業とは...。

  探偵業務とは他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって
  当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込み
  その他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう。
  (探偵業の業務の適正化に関する法律 第二条)

  次の各号のいずれかに該当する者は、探偵業を営んではならない。

  一 成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの
  二 禁錮以上の刑に処せられ、又はこの法律の規定に違反して罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、
    又は執行を受けることがなくなった日から起算して五年を経過しない者
  三 最近五年間に第十五条の規定による処分に違反した者
  四 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成三年法律第七十七号)
    第二条第六号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)
    又は暴力団員でなくなった日から五年を経過しない者
  五 営業に関し成年者と同一の能力を有しない未成年者でその法定代理人が前各号のいずれかに該当するもの
  六 法人でその役員のうちに第一号から第四号までのいずれかに該当する者があるもの
  (探偵業の業務の適正化に関する法律 第三条)

  探偵業を営もうとする者は、内閣府令で定めるところにより、
  営業所ごとに、当該営業所の所在地を管轄する都道府県公安委員会(以下「公安委員会」という。)に
  次に掲げる事項を記載した届出書を提出しなければならない

  一 商号、名称又は氏名及び住所
  二 営業所の名称及び所在地並びに当該営業所が主たる営業所である場合にあっては、その旨
  三 第一号に掲げる商号、名称若しくは氏名又は前号に掲げる名称のほか、
    当該営業所において広告又は宣伝をする場合に使用する名称があるときは、当該名称
  四 法人にあっては、その役員の氏名及び住所
  他、履歴書
    本籍記載の住民票の写し(外国人の場合は国籍等記載の住民票の写し)
    欠格事由に該当しない旨の誓約書
    市町村長の身分証明書
    登記されていないことの証明書(法務局)
    法人の場合は、定款、登記事項証明書(法務局)
    及び役員に係る上記1〜5に掲げる書類
  (探偵業の業務の適正化に関する法律 第四条)

  探偵業者は、当該探偵業務に係る調査の結果が犯罪行為、違法な差別的取扱い
  その他の違法な行為のために用いられることを知ったときは、当該探偵業務を行ってはならない。
  (探偵業の業務の適正化に関する法律 第九条)

  探偵業者の業務に従事する者は、正当な理由がなく、その業務上知り得た人の秘密を漏らしてはならない。
  探偵業者の業務に従事する者でなくなった後においても、同様とする。(法律上の守秘義務
  (探偵業の業務の適正化に関する法律 第十条)

  上記は『探偵業の業務の適正化に関する法律』を一部抜粋したものですが正規の手続きを行い
  正式に探偵社を営んでいる代表(勝俣)は公安委員会及び警察に「履歴書」や
  「欠格事由に該当しない旨の誓約書」を提出し「本籍」「現住所」「学歴」「職歴」「犯罪歴」
  「破産していない事」「暴力団員ではない事」などの個人情報を調べられ、

  犯罪に繋がる調査を行わない事、調査内容などの秘密を外部に漏らさない事などの法律を守り、
  年に一度、警察の立入り監査を受けながら総合探偵社 東海リサーチ』を運営しております。

  提出先:静岡県警沼津警察署生活安全課、静岡県公安委員会
  探偵業届出番号:49080141号 屋号:総合探偵社 東海リサーチ


  つまり…JMCN代表の身元がはっきりしている(警察が把握している)為、悪質な経営は出来ません。

 


バナースペース

JMCN日本心理相談カウンセリング協会

〒410-0833
静岡県沼津市三園町5−3
      三園ビル3階

TEL 090-5457-5735
FAX 055-933-6190