本文へスキップ

カウンセリングサロン オフィストウカイ

早朝深夜対応!24時間予約不要の電話悩み相談&電話カウンセリング。いつでも今すぐ恋愛相談。24時間予約なしで電話悩み相談可能。いつでも今すぐ24時間予約なしで恋愛相談、夫婦問題、離婚相談、憂鬱、ストレスケア、メンタルケア、人間関係、精神的苦痛、愚痴雑談…。いつでも24時間今すぐ電話相談可能です。カウンセリングサロンオフィストウカイ



  • オフィストウカイのホームページへようこそ。

  • 早朝深夜対応!24時間予約不要の電話悩み相談&電話カウンセリング
  • お電話でのご相談は予約不要です。
    今すぐご相談可能です。
  • いつでも今すぐ予約なしでお電話でご相談可能です。

    恋の悩み、失恋などの恋愛相談。男性の心理、女性の心理
    夫婦間の問題、男女トラブル、職場のストレス、各種ハラスメント
    鬱(うつ)精神疲労、精神ストレス、憂鬱不安な気持ち…。
    愚痴や雑談もお気軽にどうぞ。
  •   ご相談料金は10分毎…1,000円 (例:30分…3,000円)
      
      *まずはご相談後。お支払いはご相談後5日以内で構いません。
  • ご予約不要で直接カウンセラーさんにご相談出来ます。

    @ まずはご利用規約をお読み頂きご理解下さい。

    A カウンセラー紹介ページの中からカウンセラーさんの名前をクリック。

    B カウンセラーさんの詳細ページをご覧頂き、ご相談可能時間を確認。

    C 相談可能時間内であれば記載されているカウンセラー直通電話番号へ
    直接お電話する。
      *電話番号はお間違え無い様ご注意ください。

    D カウンセラーさんに受付してもらいご相談スタート。
      *受付時にカウンセリングを希望かアドバイスを希望かお伝え下さい。

    E ご相談が終わりましたらカウンセラーさんから告げられた
    ご利用料金をメモする。

    F ご相談後
    5日以内にご利用料金を下記指定口座にお振込下さい。

    指定口座:スルガ銀行 清水町支店 (普) 2229683 トウカイリサーチ

      スルガ銀行 清水町支店 普通口座 2229683 トウカイリサーチ
  • あなたは幸せを追求する権利が有ります!

    日本国憲法
    (抜粋)

    〔基本的人権〕

    第11条
    国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。
    この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、
    現在及び将来の国民に与へられる。

    〔自由及び権利の保持義務と公共福祉性〕
    第12条
    この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、
    これを保持しなければならない。
    又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、
    常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

    〔個人の尊重と公共の福祉〕
    第13条
    すべて国民は、個人として尊重される。
    生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、
    公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。


    〔平等原則、貴族制度の否認及び栄典の限界〕
    第14条
    すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、
    政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

    2 華族その他の貴族の制度は、これを認めない。
    3 栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。
    栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、
    その効力を有する。

    〔思想及び良心の自由〕
    第19条
    思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。

    〔集会、結社及び表現の自由と通信秘密の保護〕
    第21条
    集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
    2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

    〔居住、移転、職業選択、外国移住及び国籍離脱の自由〕
    第22条
    何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。
    2 何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。

    〔学問の自由〕
    第23条
    学問の自由は、これを保障する。

    〔生存権及び国民生活の社会的進歩向上に努める国の義務〕
    第25条
    すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
    2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上
    及び増進に努めなければならない。