埼玉県高野連title
HOME 埼玉高野連大会日程 試合規定試合結果大会記録球場案内ダウンロード 加盟校専用リンク
一般財団法人
 埼玉県高等学校野球連盟ホームページ

連盟HP



このサイトは(一財)埼玉県高等学校野球連盟が運営・管理する公式ホームページです。
当ページの内容・画像などを無断転載・複製・複写することを一切禁止いたします。

平成28年度育成功労賞表彰

8月15日甲子園球場において、今年度の育成功労賞の表彰式が行われました。
本県は昌平高校前監督の塚本公二氏が表彰を受けました。

学生野球指導登録関係


<加盟校用> 学生野球指導登録者届

<元プロ用> 学生野球指導登録届

<登録者>  学生野球資格回復者登録名簿
        (日本高野連HP)

選手権大会写真業者

選手権埼玉大会開会式の集合写真を扱っているのは全国業者である「P&P浜松」と「大坂フォトサービス」の2社です。
大会中のスナップ写真を扱っているのは地元業者の「株式会社イシクラ」です。
お問い合わせには十分ご注意下さい。

アフリカを元気にしよう

埼玉県高等学校野球連盟は、アフリカの野球振興に協力しています。多くの支援物資の提供ありがとうございました。タンザニアの野球連盟からお礼の手紙が届いています。
今年度も引き続き支援を計画しています。ご協力よろしくお願いします。

今年度も「アフリカ野球友の会」の活動に賛同し、野球用具の支援を行いました。5月3日に支援物資の引き渡しをしました。加盟校とメーカー様の協力により多くの支援をすることができました。

障害者スポーツの振興

「彩の国ふれあい野球教室」の実施について、
(一財)埼玉県障害者スポーツ協会様より感謝状を頂きました。


                                   2017.3.4更新

連盟加盟校に連絡

加盟校専用ページに以下の連絡を掲載しましたご確認下さい

 平成29年度連盟会費納入書を用意しました。必要に応じてダウンロードしていただき,
 必要事項を記入の上、4月5日の春季地区予選抽選日に提出して下さい。

 選抜大会(甲子園球場)見学を予定しているチームに大切な連絡があります。

第51回 関東地区審判講習会

シーズンインを目前に、関東地区の審判講習会が本県を主管とし、大宮公園野球場で開催されました。日本高野連審判規則委員長の日野委員長ら4名の講師を迎え、関東各都県から40名の受講者を集め実施されました。
モデルチームとして、4日(土)は埼玉栄高校、市立川越高校、5日(日)は花咲徳栄高校、熊谷商業高校の選手諸君が協力してくれました。

平成28年度優秀選手表彰等

第89回選抜高校野球大会「21世紀枠」推薦候補校
  川越工業高校
平成28年度 日本学生野球協会表彰
  花咲徳栄高校   岡﨑大輔選手
第98回全国高等学校野球選手権埼玉大会優秀選手表彰
  花咲徳栄高校   高橋昂也選手  野本真康選手  楠本晃希選手
           山本優也選手  高橋哉貴選手
  聖望学園高校   大野亮太選手  中川 航選手  丸井頼智選手
  春日部共栄高校  大道温貴選手  関谷将貴選手
  大宮東高校    黒田幹太選手  河野聖也選手
  熊谷商業高校   田島久嗣選手
  市立川越高校   中祖昂也選手
  上尾高校     大橋 健選手
  浦和実業高校   飯塚史渡選手


第89回選抜高等学校野球大会21世紀枠推薦校について

◇21世紀枠埼玉県推薦校 川越工業高等学校

彩の国野球フェスティバル2016

中学生の部 11月14日(月)県民の日  大宮公園野球場
小学生の部 東部地区 11月27日(日) 春日部共栄高グランド
      西部地区 12月11日(日) 市立川越高グランド・所沢北高グランド
      南部地区 12月11日(日) 市営浦和球場
           12月18日(日) 川口市営球場
      北部地区 11月27日(日) 北本高グランド
           12月 4日(日) 本庄東高グランド

彩の国野球フェスティバル(中学生の部)が11月14日の県民の日、埼玉県各地区50名、計200名参加のもと、大宮公園野球場で開催されました。
高校側は夏の甲子園出場校花咲徳栄をはじめ、ベスト8進出校の指導者および選手32名が指導者・アドバイザーとして参加しました。
講習は、基本・バッティング・ディフェンス・ルールの4講座を1時間ずつローテーションで行いました。講習後は、高校生によるエキシビションも行われ、中学生は一投一打に歓声をあげていました。




小学生の部(市営浦和球場)



秋季大会

地区予選結果   県大会結果   関東大会結果   神宮大会

関東大会


 横  浜 101410000 7 H11 E0       花咲徳栄 0010000 1 H4 E1
 浦和学院 000100100 2 H10 E0       慶應義塾 103212x 9 H12 E0

県大会

優 勝 浦和学院高校(3年連続15回目の優勝)
準優勝 花咲徳栄高校
   浦和学院と花咲徳栄は10月22日(土)から栃木県で開催される関東大会に出場します


地区予選

地区代表校
 東部地区 白岡・花咲徳栄・春日部・叡明・春日部東・昌平・越ヶ谷・草加西
 西部地区 ふじみ野・所沢・川越工業・山村国際・川越東・埼玉平成・市立川越
      星野・聖望学園
 南部地区 立教新座・浦和実業・大宮北・大宮東・川口・細田学園・浦和学院
      大宮南・川口工業・開智・慶應志木
 北部地区 早大本庄・正智深谷・本庄東・鴻巣・小鹿野・本庄第一・桶川・熊谷商業

第98回全国高等学校野球選手権大会

トーナメント表

大健闘 花咲徳栄
<花咲徳栄2-6作新学院>
最速152キロの作新学院今井投手と対戦。2回に先発綱脇投手が捉まり5失点。清水投手・高橋昂投手とつなぎ、以降の失点1に押さえるも、4回の山本選手の適時打と8回の楠本選手のホームランの2得点にとどまり、惜敗する。
ここまでたくさんのご声援ありがとうございました。

花咲徳栄ベスト16進出!
<花咲徳栄6-3樟南>
樟南高校の好投手浜屋投手に苦しみながらも6回に一気に攻略し、ベスト16に駒を進めた。
積極的に振ってくる樟南高校に浜屋投手のタイムリー二塁打で先制を許すも、6回野本選手への死球を足がかりに、2アウト3塁から岡﨑選手四球の1・3塁の場面で4番西川選手の投手強襲安打、5番楠本選手のライト線適時二塁打、7番西銘の中前適時打と集中打で一気に4点を奪う。7回にも代わった畠中投手から2番高橋(哉)選手、4番西川選手の適時打で2点を加点した。


花咲徳栄初戦突破!
<花咲徳栄6-1大曲工>
持ち前の勝負強さを発揮した花咲徳栄打線が、大曲工の好投手藤井投手から効率よく6点を奪い初戦を飾った。
初回、2死2塁から4番西川選手が左中間へ適時二塁打で先取点。
2回表も2死1・2塁から1番千丸選手の適時中前安打で1点追加。
4回表、1死1塁から9番野本選手の右越え適時三塁打で3対0とする。
8回表にも4番西川選手の適時三塁打などで2点を追加、9回にも3番岡﨑選手の中前安打で計6点をあげた。高橋投手は、本塁打でこの夏初の失点をするが、失点はこの1点のみ。11奪三振を奪い、完投した。
2回戦は、大会9日目(8月15日)第2試合(12:00開始予定)で、鹿児島県代表の樟南高校との対戦が決定しました。


猛暑の中、選手権大会が開幕しました。本県代表の花咲徳栄高校も堂々の行進でした。花咲徳栄高校は大会4日目(8月10日)の第4試合(午後3時30分開始予定)で秋田県代表の大曲工業との対戦が決まりました。

第98回全国高等学校野球選手権埼玉大会

試合結果    組み合わせ表    

第98回全国高等学校野球選手権埼玉大会 優勝
花咲徳栄高校(2年連続4回目)




花咲徳栄高校は8月7日(日)から阪神甲子園球場で開催される第98回全国高等学校野球選手権大会に本県代表として出場します。ご声援をお願いします。






大会記録

7/13 熊谷公園球場 熊谷工業 蓮沼 樹 選手 サヨナラツーランホームラン

開会式



小雨の中、第98回選手権埼玉大会が開会しました。天候不良のため、入場行進が簡易的に行われましたが、158チーム2,945人の堂々とした開会式となりました。
前年度優勝校の花咲徳栄高校の優勝旗返還から始まり、吉野龍男高野連会長、各務滋朝日新聞埼玉総局長の挨拶と続き、上田清司埼玉県知事からもご祝辞をいただきました。
草加高校 主将 須賀智也君の選手宣誓で開会式も最高潮に達しました。
開幕試合の冒頭で、さいたま市立城北小6年生
伊藤咲杜君による始球式が行われました。

女子選手公式戦のグランドに
今大会から女子部員(選手登録)のボールボーイ(ボールガール)での大会参加が認めあられました。7月12日の上尾市民球場の第1試合、連合チームのボールガールを岩槻北陵高校の1年生女子部員の鈴木麻央さんが務めました。
公式戦のグランドに女性が立つ、埼玉高校野球の歴史的な大会になりました。
現在、県内の女子選手は5校・8名が登録されています。

春季大会 

関東大会(群馬県 5/21~5/25)

トーナメント表

 ※東海大望洋:東海大市原望洋

大会初日
関東大会が開幕しました。入場行進に続き、昨年夏全国優勝を果たした神奈川県東海大相模高校の主将による「深紅の大優勝旗」の披露が行われました。
本県1位の浦和学院高校は、桐生球場第2試合で山梨・日本航空高校と対戦しました。5回表に主将の諏訪君のスリーランホームランなど4点をあげ、試合の主導権をとりましたが、じりじりと追い上げられ、8回裏遂に逆転され残念ながら4-5で敗戦となりました。


大会2日目
県大会2位・花咲徳栄が山梨県・東海大甲府高校と対戦しました。
初回、相手投手菊地君のの立ち上がりを攻め、4番隈本君のタイムリーで1点を先制します。
その後は相手投手を攻略できず無得点でしたが、先発した綱脇君があいて強力打線を6安打完封し、1-0で勝利しました。


大会3日目
高崎城南球場での準々決勝。花咲徳栄高校は5回表1番千丸君のセンターオーバーのタイムリー3塁打で2点を先取するも、6回裏、長短4安打を集められ4失点。そのままゲームセットとなりました。

県大会

トーナメント表   試合結果
優勝:浦和学院高校(4年連続13回目)
  優勝・準優勝の2校は5月21日(土)から群馬県で行われる関東大会に出場します。


地区予選 


トーナメント表