1. 着物レンタルゆきの着付けサロンTOP
  2. 着物・振袖のたたみ方

着物・振袖のたたみ方


レンタル着物・振袖のたたみ方で悩んだ経験はありませんか?

着物レンタル、振袖レンタルのサービスを承る中で、良くご質問頂くのが着物をご返却頂く際のたたみ方に関するご質問です。 こちらでは実生活でも役に立つ着物のたたみ方についてご紹介致します。

どんなたたみ方がある?

着物にはそれぞれTPOによって格や種類があります。一般的に良く用いられる方法としては本だたみ、袖だたみ、夜着だたみ、 襦袢だたみといった方法があります。着物レンタル、振袖レンタルの場合は上位の格である留袖、振袖となりますので、 本だたみで問題ありません。 着物は洋服と違い直線裁ちという裁断方法で作られています。曲線になっている部分が無く、シンメトリーな作りなので、 出来上がりは長方形になります。

長期間保存するつもりでたたもう

着物は長期間保存している間に折り目がついてしまうことも考えられますので、 縫い目に合わせてたたんで頂くと着物に対するダメージを軽減させる事ができます。 例えば、最も工程が複雑な本だたみの手順としては次のようになります。
  1. 広げた状態から向かって右→左の順でおくみの部分を手前に折り返し、衿を内側に折り返す。
  2. 内側が見えている部分をぴったりと合わせるように折り返す。
  3. 左右を2等分するように折る。(この時点で着物はL字型になっています。)
  4. 衿を折って、直線状にする
  5. 丈が2等分されるように折る(出来上がりはきれいな長方形です。)

色の調和

着物は本来何世代にも渡って受け継がれていくものです。着用の際に気をつけていても、 たたむ際にシミや汚れがついてしまってはとても勿体無いです。たたんで頂く際には良く見える明るい場所で、 下にはたとう紙等を敷くと安心です。また、柄や文様の加工方法によっては湿気が原因で布地同士が貼り付いてしまう事もありますので、 敷紙を上にあてて頂くと長持ちします。 成人式や結婚式で何かと着る機会も多いのが着物です。着物レンタルゆきの着付けサロンでも便利な着物レンタル、 振袖レンタルをご利用頂いております。本だたみのやり方さえ覚えてしまえば、他のたたみ方は簡単です。 ぜひこの機会にたたみ方にもこだわってみてはいかがでしょうか。

>振袖に合う髪型はこちら

【日光・宇都宮観光】